FC2ブログ
#51 シミュレーション・・・!! 
おじさんの救出に向かう兎原第1。

「冷てェ!!そーいやコレ、真冬の海水か・・・」
やっぱ防火服着てるからまだいくからマシでしょうけど、そんなの着てないおじさんはかなり体力消耗するだろうな・・・。落ちた時に下手なとこにぶつけてたらまずいですよね。

おじさんのことが心配で震えるまひろくんの肩に手を置く小隊長、何かいい感じ。昔じゃこんなことなかったよなぁ、って。まひろくんの成長もいいんだけど、天道さんの件以降、安全第一(もちろんこれも大事なことではあるんですが)で前のように出来なくなってしまったのが吹っ切れて「やるぞ」ってなったのがめっちゃ感動。

「あ・・・おじさん男性ですけど見た目は女性なので・・・」
それは大事っちゃ大事ですけど、最後の1人なら別にいらない・・・かな?とりあえず人がいたら助けるでしょうし。でも、男性だと思って探してたら女性しかいないってなると「もう1人いたのか・・・」ってなるからやっぱ必要か。

「全部救うぞ!要救も隊員も、全員無事でだ!!」
待ってるよ!!

「この先、電気の配線が上から垂れてます」
木咲さんがどこからか調達したロープであっという間に配線を縛ってくれました。

前を火で塞がれた!
金森さんが濡らした寝具を放り投げる!

(1人じゃ越えられない道も、どんどん進んでいける・・・これが・・・チーム・・・!!)
1位うんぬんは別として・・・もう、チームとしては大丈夫ですね。天道さんのことはやっぱり思っててほしい部分はあるけど、天道さんも最後まで全力でやったわけだし、天道さん的にも自分がいた頃のようにやってほしいっていうのはあるはず。人の入れ替わりとかで人員的にすぐには無理だとしても・・・気持ち的な面で。

みんなで協力して進んだものの、1番奥まで来てもおじさんはいませんでした。時間のこともあるので、とりあえず戻りながら探すことに。

「考える場所は本当にゼロか?」
「あらゆる状況を想定して検索しましたが・・・」
「諦めてないのは俺達だけか?」
気を失っているとかケガして動けない、とかの状況でなければ・・・

そんな時、落下物で通路が分断されてしまい、
まひろくん、小隊長、水島さん
金森さん、木咲さん、小雪ちゃんの二手に。

小雪ちゃんたちは別の通路の検索へ。
まひろくんたちは・・・
「おじさんなら絶対諦めずに出口を探して家に帰ろうとしたと思います」

上のフロアにおじさんが・・・!!
さすがに体力の限界か気を失ってそう。
どうやって上に上がるのか。そしてどうやって外に出るのか。

これさ・・・今度は小雪ちゃんたちが危ない・・・のかな?
スポンサーサイト



FIRE RABBIT!!トラックバック(0) | コメント(0) | top↑| 管理者用記事編集
<<久しぶりの土曜出勤 | ホーム | タルト>>















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://heijiconan4869.blog96.fc2.com/tb.php/5064-d87daef8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
名探偵コナン情報

平葉陽蘭

Author:平葉陽蘭

ブログランキングに参加しています。これを押してもらえると嬉しいです♪
blogram投票ボタン
こちらもクリックしてくださると嬉しいです。

Booklog
ここで私の持ってる本などを載せてます。

今までに来てくださった人
現在お越しの人
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
Twitterやってます。