fc2ブログ
#11 休日にしたいコト!! 
扉絵ぇ・・・(笑)

小隊長が料理指導・・・。あの恰好見られたくないような感じなのにいいの?
あ、そうか・・・レシピはまひろくんが持ってるからきっと
「レシピがあるからそれを見てやってみろ。俺は後ろから見ている。決して後ろは振り向くな」とか?(笑)

さて、ようやく初日の勤務が終わったまひろくん。

天道さんに「これからオフだし何して遊ぶ?」と言われるも
「そんな気力や体力、残ってませんって!!」
色々ありすぎましたもんね。

「シナ!!今から海までツーリング行こーぜ!!」
まひろくんもそのうち、こんな感じになるのかな。まぁ、アウトドアではないけど、もうちょっと体力に余裕が出てくるという意味で。

金森さんから声かけてるからシナさんが後ろに・・・乗るのかな?

帰って、仏壇の両親の写真を見て、今日のことを報告するまひろくん。
「天道さんのお墓ってどこです?」
天道さんは目の前にいるけれど、ちゃんと報告したいとのこと。

「お供え物は食べられるんでしょ?」
そうなんだ・・・。この間、念力みたいな感じでトランプ操ってたけど・・・お供えなら持って食べる事が出来るのね。てか、お供えの定義って?お墓に供えた時だけ?例えば、まひろくんが自分の部屋に天道さんの写真置いたりしてそれっぽいのを作って供えたりしたのはダメなんだろうか・・・。

天道さんのお墓の近くで何かに気付いて隠れるまひろくん。
天道さんのお墓の前にいたのは小隊長。うさ耳パーカー!!仮眠取る時も可愛いカッコしてたけど・・・。ギャップヤバいわこれ(笑)てかうさぎ好きなの?動物バリエーションでパンダとか犬とか色々見てみたい。

天道さんのお墓に向かって拳を・・・。でもその後の顔は何だか悲しげ・・・?
ふと、まひろくんは気づきます。
(隠してたつもりじゃなかったけど、皆さんは僕が天道さんに助けられたことを知らない)
そうなんですよね。最初の挨拶で言っちゃうのかなと思ったんですが、言いそびれてましたもんね。そもそも言うつもりなかったかもしれませんが。

「よほど天道に入れ込んでるんだな」
「当然じゃないですか。小隊長・・・僕は・・・」
「黙れ、それ以上は喋るな。あいつは・・・馬鹿だから死んだ。それだけだ」
え、まさかの小隊長気づいてたパターン?えっと・・・天道さんがまひろくん助けに入った後、小隊長も来てたんだっけ。天道さん、まひろくんを放り投げてるからあの場にいたら見てるよね。

あんなこと言うけど、お墓には手作りのケーキが。たぶん、あの人の性格的に素直じゃないから(笑)、まひろくんに「あれはお前のせいじゃない」って言いたかったんじゃないかな。

まひろくんが天道さんが最期に助けた子だと知ってても、まひろくんが天道さんのお墓の場所を知ってたことには驚かないのかな?

(オレもまひろも予想だにしてなかったんだ。後に、迷宮寺の大火と呼ばれる大火災への出場で、まひろと涼が対立してしまうことになるなんて)

誰かが取り残されててまひろくんは助けに入ろうと言うけど、
「もう駄目だ、今から入っても誰も助けられないどころかお前もアイツみたいに死ぬぞ!」
みたいな?天道さんの件に触れるかはわからないけど。

ただ、あの天道さんの行動かなければまひろくんは確実に死んでいたわけで。
スポンサーサイト



FIRE RABBIT!!トラックバック(0) | コメント(0) | top↑| 管理者用記事編集
<<ほんのちょっと足りない | ホーム | 第2045回「あなたが訪れたい日本はどこですか?」>>















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://heijiconan4869.blog96.fc2.com/tb.php/4757-2ccfcf44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
名探偵コナン情報

平葉陽蘭

Author:平葉陽蘭

ブログランキングに参加しています。これを押してもらえると嬉しいです♪
blogram投票ボタン
こちらもクリックしてくださると嬉しいです。

Booklog
ここで私の持ってる本などを載せてます。

今までに来てくださった人
現在お越しの人
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
Twitterやってます。