FC2ブログ
第一九七首 
(スローで見たら東の子の方が早く触ってない?)

(きわどかったから自分の取りと主張した・・・早く終わりたかった)
気持ちはすっごいわかる。1勝取ると、やっぱり気持ち楽になりますもんね。
でも、過去に太一に「卑怯なやつやのー」と言った時のことを思い出して・・・

やったことは違っても、「自分も同じだ・・・」って思ったんですよね。

「めずらしくきみが楽しそうでびっくりした」
周防さんの目に太一はどういう風に見えてるんだろう・・・。確かに、太一は色々あったけど・・・周防さんって人の表面だけじゃなくって奥深くまで見抜いてる感じしますよね・・・。全然そんな感じしないのに(笑)

「しかし最後の一枚よく引いたね」
「せめて審判に聞けよ」
「もったいなかった」
と太一は言われますが、「執着したら今日は勝てない・・・」
1枚にこだわり過ぎると、その後のバランス崩したりしちゃうから・・・?
今のも、太一が「自分の取りだ!」って言ったらもめて、それでもどっちも引き下がらなかったら審判さんの登場。やっぱ体力的には使いますよね。それが自分にとっての重要なポイントだったら粘るのもありだけど、そうじゃなかったら・・・。

(もしかしたら真島の勝ちがあるかもしれない)
自分が名人戦に出ることになったら、どちらかに大盤係をやってほしいと言われてた肉まんくんと机くん・・・。もし、太一になったらどっちがやるんでしょう・・・。じゃんけんで決める?それともかるたで勝負?


千早ちゃんは相変わらず寝てます。
それだけ、体力使ってるってことなんでしょうけど。

詩暢ちゃんがやっと到着。

藤岡屋さんにもらった着物の下につける下着、結川さんにいいんじゃないかと持ってきて?くれました。

半襟のTシャツ。
襟の部分だけ見えるようにちゃんと着ればパッと見わかんないですね。
着物って色んな物重ねて着るから重たいし。

甘酒買ってきた小石川くん。

「あ、綾瀬さんも飲む?疲れにいいんだって。ほかの子もどうぞ」
(もうバカ作・・・!!)
うん、確かに。悪いことじゃないけど・・・結川さんの応援に来てるわけだし・・・千早ちゃんは敵でしょう・・・?何か向こうにトラブルあって助けてあげる・・・ならまだしも。

さて、もうすぐ2回戦という時・・・

千早ちゃんたち女性陣が部屋の窓を開けます!雪が降ってて冷たい空気が部屋の中に・・・。
みんな「寒ーっ」とか言ってるけど、部屋の中の“空気”は変わったようです。気持ちの切り替えって意味では良かったのかな。眠たくても目が覚めそうですね。

「周防さんに言った『勝ったら聞いてほしい願い事』ってなんや?」
新は、自分に勝って叶えるんだから、教えるのが筋や・・・と。

それは、私も気になってた・・・。

「周防さんはもう8年も長崎の実家に帰ってない。帰りたそうにしてるのに」
嫌がらせだそうです・・・。

周防さんが帰りたくても帰らないってのは、色々過去にあったからでしょうね・・・。
「ひとかどの人間になりなさい」とか言われてたし、ちゃんとなれたのかな・・・?とか。

「1試合目の最後の札さ、太一の取りやったかもしれん。謝ってもしょうがないから、暗記してから最初の5枚くらいおれ、メガネはずして取るのはどうやろう?」
新も面白いこと言うじゃない!(笑)

「運命戦になったら譲れよ」と太一。
あの時だけですもんね・・・運命戦で自陣出たの。
スポンサーサイト
ちはやふるトラックバック(0) | コメント(0) | top↑| 管理者用記事編集
<<まさかの逆立ち | ホーム | 少しずつ>>















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://heijiconan4869.blog96.fc2.com/tb.php/4429-c33f0aa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
名探偵コナン情報

平葉陽蘭

Author:平葉陽蘭

ブログランキングに参加しています。これを押してもらえると嬉しいです♪
blogram投票ボタン
こちらもクリックしてくださると嬉しいです。

Booklog
ここで私の持ってる本などを載せてます。

今までに来てくださった人
現在お越しの人
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
Twitterやってます。