FILE994 蘭の跡を・・・ 
(最近何だか蘭の様子がおかしい・・・妙にウキウキしているというか・・・)
コナン、蘭ちゃんのことめっちゃ気にして見てるし・・・(笑)

「楽しみだよねー♪」
(何が!?)
読んでる漫画も全く内容が入ってこないでしょうね・・・。

小五郎さんが帰ってきたからと電話を切る蘭ちゃん。
「何か昼飯作ってくれ!」
「クリームシチュー作ってあるから温めて食べて!」
言って蘭ちゃんは出掛けていきました。出掛けるの決まってたから先に作っておいたんですね。

蘭ちゃんのことが気になって気になって仕方がないコナン(何だか可愛い)
新一として電話したいけど、新一のスマホは調子悪くて、博士が修理中。探偵バッジとかの発明品だけじゃなくて、こういうのの修理も頼んでいたのか・・。

「おい・・・行くぞ!」
「え?行くって?」
「蘭の跡をつけて何を企んでるのかを突き止めに行くんだよ!」
父親としても何か感じるものがあったのでしょう(笑)

見当はついているそうで・・・
「あの探偵ボウズとまたどっかに旅に出る気だなァ?」
小五郎さんが頭に浮かべた新一・・・めっちゃ悪人面。

「あの野郎・・・ちょっと口が達者だからって俺の娘をたぶらかしやがって・・・」
今に始まったことじゃないでしょうに・・・。NYだって行ってるんだし。やっぱり心配と言うか、父親として気に食わないのね。

コナンとして存在してる以上、無理なわけで・・・。

本屋に入った蘭ちゃん、京都のガイドブックを見ています。そしてカフェへと入っていきました。コナンと小五郎さんも気付かれないように入ります。ドアちょっと開けて覗いてたもんだから店員さんに
「あのーお客様ですか?」
そりゃ言われるよね。

コナン、今になって比護さんとヨーコちゃんを見張ってた時の小五郎さんと哀ちゃんの気持ちがわかりました。結局、相手ですよね。好きな人のことは気になって当然。つけるのはどうかと思いますが(汗)

後からやってきたのは園子と真純ちゃん。
みんな京都のガイドブックを買ってきています。どこに行くのか楽しそうに話しています。

「休みを使って女子だけで京都旅行するみたいだね・・・」
「スポンサーは鈴木財閥のご令嬢ってトコロか・・・」
スポンサーってのはないんじゃない?前に何だったかの話で蘭ちゃんが園子との旅行を今月お金が厳しいからって断ってた・・・なんて話があったような。

女子だけでの旅行ということで、コナンも小五郎さんも一安心、帰ろうとしたのですが・・・

「でも会えるかなぁ・・・沖田君・・・」
コナンは小五郎さんを引き止めます(笑)そりゃ、沖田くんの名前が出るだけならまだしも、あんな言い方されたらね~気にならないはずがない。

(まさか蘭・・・沖田に会う為に京都に!?)

「ついでに新一君にも会えちゃったりして!」
「そだねー」
(つ、ついでは・・・オレの方かー!?)
段々、心が穏やかでなくなってきました。

サンドイッチを食べる蘭ちゃんたち。
「安室さんのサンドイッチには負けるかな・・・」
「それはどこにある何というお店ですか?」
参考にしたいとのこと。

更家大輝(さらいえだいき・33)ウエイター

園子が教えようとすると、「教えちゃダメだ!」と止める男性。

本巣利範(もとすとしのり・38) 客
「そいつに教えるとブログに滅茶苦茶書かれて、潰されかねないぞ」
あ、この人被害者?でも、安室さんだったら何とかしそうな気がする(笑)

「変な言いがかりは止めてください」
優しそうに見えましたが、食べ歩きブログの件を言われると態度が豹変。

本巣さんがこの店のシェフを辞めたせいで売り上げが落ちたそうです。
本巣さんの腕で持ってたのね・・・この店。辞める前にどうにかしなさいよ。まぁ、大きなところじゃないにしても他にシェフいなかったの?

店を潰すとこまでしないのは、本巣さんが店長の弟だから。
雇ってもらってるからそこは最低限・・・って感じ?

「何やってるんですか?出来上がった料理たまってますよ?」
直村伊鈴(なおむらいすず・27)ウエイトレス

「考えてくれた?俺の彼女になる話・・・」
「この前お断りしましたけど・・・」
ああいう言い方される時点で無理やわ(笑)

更家さん、直村さんが借金取りから逃げ回っていることをなぜか知っている・・・。
直村さんの借金の理由はおいといて、もうダメな領域に入ってるんじゃない?この人。

「何おしゃべりしてるの?」
蓮沼珠央(はすぬまたまお・40)店長
更家さん曰く、もうすぐ寿退社だそう。

「で?どうなの利範、ウチの料理・・・」
シェフはやめたけど、料理は見てもらってるんだ・・・。何でこの人やめたんだろ。

「しかし姉さん・・・一時的とはいえよくあんな男と付き合ってたな・・・」
そうなのか!更家さん、外面よさそうだから(笑)付き合っていくうちに本性現して、「あ、この人無理」ってなったのかな・・・。

そして・・・ついに蘭ちゃんたちにバレてしまうコナン!

「蘭姉ちゃん達がコソコソどっかに旅行に行くみたいだから気になって跡をつけたんだよ!ね!」
(お前ストレートだなぁ・・・)
見た目子供ですから・・・。蘭ちゃんたちには小五郎さんが言い出しっぺ(実際そうですし)だと思ってもらえますからねぇ。

「バッカじゃないの?」
「コナン君も大きくなったら経験すると思うけど・・・」
あぁ、修学旅行ねたぶん。京都への修学旅行って定番だし、自由行動の時に行くところを相談してたんでしょう。

そんな時、悲鳴が。
コナンたちが行ってみると・・・更家さんが亡くなっていました。
スポンサーサイト
サンデー感想トラックバック(0) | コメント(0) | top↑| 管理者用記事編集
<<第2278回「長年愛用しているものはありますか?」 | ホーム | ACT.118:ドル箱とお話>>















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://heijiconan4869.blog96.fc2.com/tb.php/4101-12d692fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
名探偵コナン情報

平葉陽蘭

Author:平葉陽蘭

ブログランキングに参加しています。これを押してもらえると嬉しいです♪
blogram投票ボタン
こちらもクリックしてくださると嬉しいです。

Booklog
ここで私の持ってる本などを載せてます。

今までに来てくださった人
現在お越しの人
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
Twitterやってます。