日輪の後光(サン・ヘイロー)の巻(後編) 
座布団敷き詰められた部屋。隙間がほとんどないから、これに全部人が座ったら・・・と思うと笑える。しかも周り壁だから絶対人口密度ヤバくて暑そう。

さて、出てきた鍵穴だらけの扉。
青子ちゃんがとりあえず、持っていたヘアピンで適当なとこをカチャカチャするのですが・・・開いたかと思ったら、針がいっぱい飛び出てきました!先に察知したキッドが青子ちゃんを引っ張って何とか。

これさ、針と一緒に「成敗」のセンスが出てきたけど・・・この扉作ったのってきっと吉右衛門さんですよね(笑)

「10×10のマス目に左と右の漢字を書いた時、重なり合う場所の鍵穴だけを開ければ開くかと・・・」
これさ、意味がわかっても間違えそうですよね・・・。だって、ちょっとずれたってそう見えるだろうし。

「痛み止め飲んだのに効いてこねぇ・・・」
こんな状態で何とか下半分を開けたキッド。上半分を開ける為に青子ちゃんに体を支えてもらいます。

「だ、大丈夫・・・私を信じて・・・き、君を串刺しにはしませんから・・・」
(この息遣い・・・汗の匂い・・・仕草・・・声・・・ホントに快斗みたい・・・)
え、このコマ私でもヤバい・・・。ちょっと好きになっちゃうレベルなんだけど・・・。

何とか最後の1つを開け・・・

「わ・・・悪いな青子・・・」
「え?」
体の限界が来たのか、キッドは倒れ込んでしまいます。何とか抜け出た青子ちゃん・・・。
扉が開くと・・・

住職登場
やっぱり、あんた悪者だったか。

この扉の中に山泥寺投込堂の建造秘術の巻物があるそうで、誰がいつどうやって建てたかがわかり鳥取の投入堂と並び国宝になる・・・ということを狙っていたようです。でも、巻物はすでになくなっていた・・・?

ジャカ
え、トランプ銃?あ、この人が悪者だってわかってて倒れたフリをした?

あ、青子ちゃんに変装してた?
あの、倒れた時・・・マントの中で青子ちゃんを眠らせてすり替わったそう。

じゃあ「悪いな、青子・・・」は
「支えてもらって悪いな・・・(ありがとう)」じゃなくって、
眠らせて中ですり替わるってことに対して?

住職さんが手にしようとしていた巻物はボロボロでとても読めたものではありませんでした。
あんなことやこんなことまでして頑張っただろうに、残念でしたね・・・。

キッドはここの場所も見当がついてました。移動時間とコンテナの傾き具合・・・。
私には絶対無理な芸当だ・・・(笑)

そして、マントを目隠しに一瞬で元の姿に戻ったキッド・・・。もうこれもどうなってるんだ?ですよね?ロストシップの時だって雲を抜ける間に新一の姿からキッドになってさ・・・。

中森警部たちが到着した時にはもうキッドはおらず。
住職は「全てキッドの仕業。戻ってきたらキッドが侵入していて・・・金庫に入れていた大事な宝を盗まれてしまったのです」
本当の青子ちゃんは眠らされてたので、見ていた人はもう誰もいないのですが・・・
「青子のスマホ録音中になってる・・・」
バッチリ録音されていました。キッド、自分が逃げた後のこと考えて録音してたんですねぇ。録音中なのは、保存した後だったら見ないとわからないからかな?

3日後・・・
ヘルメットを買って、快斗の家にやってきた青子ちゃん。
「言ってたじゃない!動物園に連れてってくれるって!」
後ろに乗る青子ちゃん。先日のキッドは「快斗に変装して自分を油断させてる」と思いはしたものの、仕草等から本当の快斗みたいに思ったから・・・(実際に=なわけですが)あのケガのことが気になってあまりぎゅっと捕まれず(まだ傷が痛むんじゃな・・・)と。

「もっと力入れねぇと・・・振り落とされちまうぞ?」
その言葉に安心してギュッと捕まる青子ちゃん。

実際はまだ結構痛いのに、我慢してあんなの言うってカッコいいなぁ・・・。
スポンサーサイト
サンデー感想トラックバック(0) | コメント(0) | top↑| 管理者用記事編集
<<第2274回「好きな人に告白した経験は?」 | ホーム | ACT.116:皆と一堂に>>















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://heijiconan4869.blog96.fc2.com/tb.php/4088-139e6926
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
名探偵コナン情報

平葉陽蘭

Author:平葉陽蘭

ブログランキングに参加しています。これを押してもらえると嬉しいです♪
blogram投票ボタン
こちらもクリックしてくださると嬉しいです。

Booklog
ここで私の持ってる本などを載せてます。

今までに来てくださった人
現在お越しの人
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
Twitterやってます。