ACT.109:メンバーとケーキ作り 
ひょんなことから、シュガーガールのキャストのみんなでスイーツ教室に行くことになったアクト。

璃子ちゃん:こーゆー趣味、1つはあった方がウケがいい
姉嵜さん:アクトにプレゼントできる
忍腹さん:シュガーガールのコラボスイーツ監修してるパティシエ・・・顔出すのも悪くない
女子3人はそれぞれ思惑があり・・・(笑)

アクトは「甘いだけの佐藤菓子に興味なんぞない」
プロデューサーに説得されて


作るのはラム酒とフルーツのパウンドケーキ
アクトは興味ないとか言いながら、やるとなったら本気。

姉嵜さん「この白い粉達、どれがどれだか分かんなくなっちゃった」
確かに見た目という点においてはわからないかもしれないけど・・・量でわかるんじゃない?ベーキングパウダーってそんなに使わないと思うし。粉によって同じ重さでも見た目の量が違ったりはするだろうけど・・・。そういう時はなめよう。口にするもんなんだから(笑)

「意外なトコぬけてんだな」
そんなこと言う忍腹さんも「今の世の中レンチンさえ使えりゃどーとでもなる」
2人ともお料理は苦手なようです。

「先生・・・卵の割り方がわからないんですけど・・・」
いやいや、さすがにその歳はわからないはないでしょ・・・(汗)あからさますぎる・・・。せめて「私、卵を割るのが下手でよく殻が入っちゃうんです。コツってありますか?」ぐらいにしとこうよ・・・。

「おぉ~っ!!」
みんなの視線はアクトに。

両手で卵を割り、華麗な手つきで混ぜています。
両手じゃなくても・・・私も片手で卵割ってみたい。やったことはあってたぶん成功したこともあると思うんですけど、スッキリとまではいかなくて。何とか出来た・・・それぐらいのレベル。スパッとやってみたいな。

「へー筋がいいねキミ」
「当然だ。菓子アニメの主役を任されている」
「ああ、キミが凰生くんか!覚えておくよ」
(ドヤァ・・・)←忍腹さんに向けて(笑)

忍腹さん、作戦変更でアクトの生地に何か入れてやろう・・・と。
どこから持ってきた・・・?って感じの辛いヤツ。

「サックリ切るように混ぜる」というのが理解できず、泡だて器でツンツン刺すようにしたり、ハサミで混ぜようとしたり・・・あまりの出来なさにイラッときたアクトは「こうやるんだ!!」と姉嵜さんの手をつかんで・・・。

「このケーキは少し置いても美味しいですからね。多かったら切り分けて、大事な人に贈るのもいいですよ」
(そういえば・・・確か今日って・・・)

完成!!
アクトのはすっごい綺麗な焼き目がついています。他の女子3人は・・・
璃子ちゃんはまぁいい感じには出来たようですが・・・

「折角なので、自分で作ったケーキを食べましょう!」
璃子ちゃん:おいしー☆
アクト:初めてにしちゃ上出来だ
姉嵜さん、忍腹さん:チーン・・・

「ラップあるか?」
残った分をラップで包むアクト。

忍腹さんと璃子ちゃんはご飯代わりにするんだと思ったようですが、
「違うわ。あれは誰かにプレゼントする気よ」

「彼女がいるのかな~」
「あいつに女がいるワケねーだろ」

さて、七星プロ
酔っぱらって四乃宮さんに絡む伴田さん。

「そーねー今日で1コ年くっちゃったし・・・ん?おっ!!オレの定位置にケーキがあるぞ?」
「ただの差し入れでしょ。でもまー、もらっといたらどうですか」
今日は伴田さんの誕生日だったのかー。
スポンサーサイト
天使とアクト!!トラックバック(0) | コメント(0) | top↑| 管理者用記事編集
<<FILE990 今日こそ決着を | ホーム | 1人回避>>















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://heijiconan4869.blog96.fc2.com/tb.php/4030-cac4140d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
名探偵コナン情報

平葉陽蘭

Author:平葉陽蘭

ブログランキングに参加しています。これを押してもらえると嬉しいです♪
blogram投票ボタン
こちらもクリックしてくださると嬉しいです。

Booklog
ここで私の持ってる本などを載せてます。

今までに来てくださった人
現在お越しの人
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
Twitterやってます。