東京遠征(刺違編①) 
会場前にはすでに人が集まってて、「間違ってないな」と一安心(笑)

部屋に入ると・・・何か気になるものがいっぱい。そして、知り合いが数名(参加者)
まずは、「超面白!宝探しゲーム 隠し財宝を見つけ出せ」

ネタバレ解禁ってことでガンガン書くけど、楽でいいなぁ・・・。
普段だったら○○やら××って書くから後で見返すと自分でも何言ってるかわかんなくなるんですよね。
「今日はバスツアーに・・・」
バスツアーだったのか(笑)

「こんな田舎に・・・遠くから・・・」
確かに、私は大阪から来た。

1人で突っ込み入れながら・・・。
私のチームは全員ソロ。

最初のいわゆる小謎を解いて・・・。
「事務バッジを集める?」
確かにチェックポイント的なのがあるから、わちゃわちゃする感じなのか、と思いました。

でも、みんな挑むもあっけなく負ける。と言うか常人じゃ無理なものばかり。
何やかんやして手に入れた「かみわざマシン」これで要するにズルをして勝つ。
これは面白かった。分身の術が特に(笑)

事務員さんに勝つとバッジや玉と共にポーズを教えてもらいます。
これが私には辛かった・・・覚えられないよ(汗)まず、向き合ってたらどう動かしていいのかわからなくなる・・・。ああ動かしてるってことは向かい合ってると逆になるから・・・(プスンプスン・・・)しかも静止したポーズじゃなくって流れるような感じだから余計にわからない・・・(プスンプスン・・・シュー・・・・)

あれ、すんなり出来るような人間だったらもうちょっと楽しかったのかなぁ・・・ここが個人的に結構なストレスになってしまった・・・。

事務員さんから教えてもらった色んなポーズ。
何か全部どこかで聞いたことのあるような・・・。
「ポ○モンのタイプと一緒ですね」
それだ!ゲームやったことのない私でもそれぐらいわかる・・・。

次の対決に向けて・・・それぞれの人に合うポーズをしなくてはいけない・・・これにポ○モンのタイプがすっかりハマる・・・これは「え、ヤバい。頭おかしい(褒め言葉)」

チャンピオンローカ
何でカタカナなんだろ・・・字の勢い的な?

対決・・・あのタッチ?はポ○モンだ。もう笑うしかないよね。

部屋に戻る時・・・今にも死にそうなガイドからもらった1枚の紙。

この宝探しに裏があることが判明。
この状況を伝える為、旅行社にメールを送ってみる・・・。

これより前にもメールを送るという場面がありまして・・・返信がめっちゃギャル文字で・・・あれ、ゆっくり解読したかったなぁ・・・。

助けに来ようとするも、村人に止められて入れない・・・。

さぁ、ラストに向けて頑張ろう・・・。神様の名前のポーズをして村長に勝たなくてはいけない。
今まで教えてもらったポーズはでたらめなんかではなく、規則性があって自分たちで考えれば・・・。
ポーズの方は他の方に放り投げてました(笑)

足りないポーズのピースを集める為、挑発したり・・・。
赤玉欲しいけど、ないから白玉をもう1度得て赤く塗ったり・・・。最初ね、白玉得る方法がわかんなくて私たちがやったのは・・・紙を赤く塗って赤玉にする!でした。

よし、後は神様のポーズをすれば・・・みんな並んでて渋滞。ここで時間切れ。
あぁ、もうちょっと早く気付けてたらなぁ・・・とちょっと悔しい気分でいたのですが甘かった・・・。

この宝探しは頭がいい人を集めるためのものだった。
成功(つまり謎を解く)しても生贄になるだけ。

私たちも送ったあのメールの返信に答えはありました。
助けには行けないから、何とか脱出してくれ。

どうやって出る?

「ゲーム中、何度か運び出されていた出荷される野菜・・・それのトラックに紛れれば」
はい??いや、運び出されてたのは知ってたけど・・・。地図に駐車場あるし・・・。マジでトラック停まってるって!?会場から出るのか!?これは衝撃すぎました。何て贅沢な・・・。成功者いなかったら無駄になるのに・・・。

私が参加した回はいませんでした。

帰ってから調べてみたらタイプだけじゃなくって、かみわざマシンとかチャンピオンローカとかもポ○モンが元ネタっぽいですね(これらはわからなかった・・・)
スポンサーサイト
お休みの日トラックバック(0) | コメント(0) | top↑| 管理者用記事編集
<<ACT.106:初共演と初幹事 | ホーム | 東京遠征(寄り道編)>>















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://heijiconan4869.blog96.fc2.com/tb.php/4008-e322580a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
名探偵コナン情報

平葉陽蘭

Author:平葉陽蘭

ブログランキングに参加しています。これを押してもらえると嬉しいです♪
blogram投票ボタン
こちらもクリックしてくださると嬉しいです。

Booklog
ここで私の持ってる本などを載せてます。

今までに来てくださった人
現在お越しの人
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
Twitterやってます。