ACT.102:仲間と共演 
1話目の収録が無事終了。

2話目では新しい仲間が登場
「アイスガール」
アクトがこないだの懇親会で“まとも”だと思った姉嵜さん。

「この後空いてたら練習してかない?」
熱心なやつだな・・・とまぁOKするアクトなのですが、「あ゛ぁ゛・・・」という顔をしたのはプロデューサー。
何があったか知らないけど・・・選んだのはあなたでしょう?「問題児を集めた」って。そんな不安になるならやめればよかったのに・・・。ある意味賭けですよね。まぁ、何だかんだ最終的に上手く収まるんでしょうけど。
音響さんたちは「?」状態。
何がいけないんでしょうか・・・。空回りしてしまうとか?

河原にて。
自信がないから先に自分の台詞を聞いてほしいという姉嵜さん。
アクトの感想は「キャラと演者の内面性も合ってる・・・ハマリ役だ!!」
と高評価だったものの・・・

「やはり今日の練習はなしだ!キサマの魂胆なぞお見通しだ。真面目そうに見えて、中々腹黒いやつだ」
ギクッとする姉嵜さん。何か他に目的があったんでしょうか。

「・・・だがな、キサマのその心意気、俺は気に入ったぞ」
アクトが何を思ったのかはわかりませんが、力自体は認めているようです。

(事前に才能を見せつけやがって・・・つまりこれは・・・俺への宣戦布告!!!)
驚きつつも、嬉しそうな姉嵜さん。「腹黒い」とか言われたけど、一応は認めてもらえて良かったですね。

2話目収録日

姉嵜さんはアイスガールの氷花ちゃん風の恰好でやってきました。
アクトは(見た目からも役になりきって・・・これは楽しみだ)
制服?っぽいですが、別にアレぐらいならね・・・私服でもありそうだし。気合入りすぎってわけでもなさそう。なのに・・・頭を抱えるプロデューサー。
「悪いクセが出てきた・・・」
理解できない音響さんたちに・・・「キミ達・・・よく見てみろ!!彼女のあの目を!!!極度の恋愛体質なんだよ!!!彼女は~!!!」
要するに惚れっぽいわけですね。

「そんなのかわいいモンじゃないですか」
まぁ惚れっぽいこと自体はそんなに大問題にはならなさそう。その程度にもよりますけどね・・・。ただ、アクトはそういうことに対してにぶいと言うか・・・わからなさそうだから、こじれたりして。

「好きになるだけなら・・・別に構わないんだが・・・」
凄い嫉妬深いとかストーカーまがいのことをしてしまうとか、度が過ぎるってこと?
スポンサーサイト
天使とアクト!!トラックバック(0) | コメント(0) | top↑| 管理者用記事編集
<<第2228回「節分!豆まき!鬼退治!どんな思い出がありますか?」 | ホーム | くまモンファン感謝祭2017②>>















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://heijiconan4869.blog96.fc2.com/tb.php/3981-b9928699
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
名探偵コナン情報

平葉陽蘭

Author:平葉陽蘭

ブログランキングに参加しています。これを押してもらえると嬉しいです♪
blogram投票ボタン
こちらもクリックしてくださると嬉しいです。

Booklog
ここで私の持ってる本などを載せてます。

今までに来てくださった人
現在お越しの人
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
Twitterやってます。