ACT.96 逃走と籠城 
伴田さん行きつけのバー?にて、鳳也さんと。

「忙しいトコ悪いね、総世くん」
「お誘いありがとうございます、伴田さん」
呼ぶんだ・・・そして来るんだ(笑)

「うちのアクトが迷惑かけて・・・」
「さすがのオレもビックリっスわー」
なんかさ、この2人似てる気がする(笑)性格と言うか、どっちもちょっとめちゃくちゃなとこ?

「・・・で、アクトくん今どーしてんです?」
「ソレがよ・・・」
七星プロのレッスン室?に籠城中(笑)

「凰生、心配事があるなら相談に乗るぞ」
「人を引きこもりみたいに言うな」
何かもう・・・二麗先生、父親みたい(笑)

鳳也さんの方が上で、自分が選ばれたのは新人故の未熟さが合っていたから、そんな理由で選ばれたのが気に入らないアクト。

「お前はオレのライバルやろ!!そないフヌケでどないすんねん!!」
「ラ・・・イ・・・バ・・・ル・・・?」
アクトはライバルと認識していなかった模様・・・。正確にはライバルの意味合いがわかっていなかった・・・ということでしょうか。

「まさに天の岩戸ですね」

「確か、踊りの神様が裸になったりして騒いでたら、気になって覗きに・・・」
プシューとなる翔ちゃん、嵐士くん。

「たのむ・・・出てきてくれよ鳳生」
泣きつく二麗先生

「オトコの心を掴むにはまず胃袋からよ」
どこから持ってきたのか七輪で魚を焼きだす七宝院さん→妄想働いて釣り人モード

「あと5分待ってあげるわ凰生くん・・・」
「六積さん!」
救世主登場?かと思いきや・・・

「あたしだってね・・・事務所を壊したくはないのよ・・・」
怖いです!六積先生!!

「5分経ったわね」
経ってないです!!六積先生!!
5分どころか・・・
「1分も経ってねー逃げろ凰生!」


六積先生の足がドアを蹴破ろうとする直前
「何の騒ぎだ?」
なりちゃん登場。
六積先生、よく寸止め出来ましたね・・・(笑)ここはなりちゃんの登場がもうちょっと遅れて、六積先生の足がドアを蹴破ったところを見てみたかったなぁ・・・。

なりちゃんは二麗先生から、事情を聞きます。

「ちゃんと・・・実力で選ばれたかったんだ・・・」
「何言ってるんだ!!バッカじゃないかー?」
もう、なりちゃんは言いたい放題です。

なりちゃんに言われまくって、我慢ならなくなったアクトは部屋から出てきました。
なりちゃんしかこんなこと言えないですね。こんな系統のことは嵐士くんでも言いそうだけど、それだと絶対出て来なさそう。ここ、七星プロだから無理だけど、鳳也さんが絡んできても面白いことが起こりそう。

(やっぱりアクトは覚えてないか・・・)
アクトはなりちゃんと2年前に知り合ったと思っていますが、どうやらもっと前に出会っているようで・・・。
これはまたそのうち明かされるのかなぁ・・・。
スポンサーサイト
天使とアクト!!トラックバック(0) | コメント(0) | top↑| 管理者用記事編集
<<FILE981 喫茶ポアロで暇潰し | ホーム | なぞとも名古屋リベンジ>>















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://heijiconan4869.blog96.fc2.com/tb.php/3925-f28caea9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
名探偵コナン情報

平葉陽蘭

Author:平葉陽蘭

ブログランキングに参加しています。これを押してもらえると嬉しいです♪
blogram投票ボタン
こちらもクリックしてくださると嬉しいです。

Booklog
ここで私の持ってる本などを載せてます。

今までに来てくださった人
現在お越しの人
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
Twitterやってます。