ACT.95 恋心と成長 
「その芝居、役の気持ちを全く理解できていないぞ」
(この追加オーディションでみられるのは主人公の恋心、恋愛にうといキミにそれが掴めてるかな・・・?)

プロデューサーさんたちも言っているように今回見たいのはあんこちゃんの恋心。アクトの場合、他人の恋心もそうだし、自分自身の恋心もわからない・・・と言うより鈍感なんですよね。まぁ、恋愛に鈍感と言うか、性格的なこともあって感情面がちょっとアレなところあるしね・・・。

そんなあんこちゃんの恋心を見事演じた鳳也さんに対してあんなことを言うってことはあの恋心の表現がおかしいってことですよね。

それよりも!
(でも、この追加オーディションで・・・)の時の鳳也さんの顔・・・好き♡
もうね・・・アクトより鳳也さんの方が好きだわ・・・。アクトは妹も読んでるんですが、鳳也さんの良さはわかってくれません(笑)と言うか、漫画の男の趣味が妹とあまり合わないんですよね・・・。

アクトも、途中までは鳳也さんと同じような感じ。
そう、同じような・・・

(まさか・・・パクリか!!?)
と、みんなが思い始めた時・・・

ぼろぼろ泣きだすあんこちゃん。
「あんなヤツの助けなんか、いらなかったのに・・・オレのカッコいいところを奪うんじゃねーッ!!」
そして、突如怒り出す。

アクトも、この追加オーディションで「あんこちゃんの恋心」が求められていたことはわかっていました。でも、話が始まってまだ間もない頃だから、まだ女っ気のない子供のままで男の子とも友達感覚で遊んでいる。そんな子が初めて圧倒的な力を持った異性に助けられる。今まで同じレベルだと思っていたのに・・・なのに初対面のヤツに急に恋心を抱くのか?というのがアクトの考え。

そして、審議タイム。1時間以上かかっているようです・・・。あの中では監督のプロデューサーのバトルが繰り広げられていたのでしょうか(笑)

「総世くん、さすがだった・・・キミなら今まで以上に多くの視聴者を魅了できる。・・・ただすまんが、今回の主役は凰生為人だ」

おー、アクト勝ちましたか~。
アクトがあえて演じなかった恋愛面、それを見て「そもそものコンセプトである『キャラクターの成長を描いていく』」というのを思い出したんだそうです。

「総世鳳也を内定させてたのは、この人なんスよ・・・」と監督。
そういうアナタも最初はオーディションやろうやろうと言ってたのに、鳳也さんの演技見てアクトから心変わりしたじゃないですか(笑)

「デビュー間もないド新人のキミの成長過程!!そこも主人公と一緒に見せていきたいんだよ!」
「将来性こそ新人ならではの魅力」などなどプロデューサーが言うものですから

「俺が主役に選ばれたのは、芝居が長けてたからじゃないと・・・?」
「はァ!?キミが総世くんより巧いワケないだろう!!!」

そうだとしても、えらいズバリと言っちゃいますね・・・プロデューサー。自分で選んどいてそれはないでしょう。

突然、扉の方へ駆け出すアクト。

「・・・降りる。そんな理由で主役に選ばれたって・・・意味ないんだー!!!!」
マジで?(笑)でもアニメのオーディションにしたってドラマのオーディションにしたって、技術的なところは絶対見られるだろうけど・・・合ってる合ってないっていうのもあると思うんですよね。今回のようにここまで(キャリアに)差がついてたら技術になるのかな・・・。

これ、たぶん嵐士くんだと「アホちゃうか?」、翠くんだと「バカじゃないの?」、四乃宮さんなら「あなたは何を考えているんですか!」とか言いそう。で、伴田さんは1人「ひゃひゃひゃひゃ」笑ってる?
スポンサーサイト
天使とアクト!!トラックバック(0) | コメント(0) | top↑| 管理者用記事編集
<<FILE980 真っ白な気持ち | ホーム | 大阪謎の陣2016①>>















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://heijiconan4869.blog96.fc2.com/tb.php/3918-f65602cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
名探偵コナン情報

平葉陽蘭

Author:平葉陽蘭

ブログランキングに参加しています。これを押してもらえると嬉しいです♪
blogram投票ボタン
こちらもクリックしてくださると嬉しいです。

Booklog
ここで私の持ってる本などを載せてます。

今までに来てくださった人
現在お越しの人
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
Twitterやってます。