act.77 師匠とダメ出し 
アクトが付き人をやってるという話を聞き、「こうしちゃいられない!」と、四乃宮さんに「自分たちも・・・」と言う嵐士くん、翔ちゃん、翠くん。

翠くんと四乃宮さんが食べてるヤツ・・・サイズがハンパないんですけど・・・(汗)100歩譲って翠くんのパフェへいいけど・・・四乃宮さんのパンケーキはさすがにヤバい・・・。分厚いのが3枚ぐらい重ねてあって、上にクリームとかがいっぱい。これはよくそれだけ甘い物を・・・と言うより、よく食べられるな・・・という感じですね。甘い物に限ったら大食いコンテスト出られるんじゃない?

どっかの居酒屋にて、アクトと伴田さん。
七宝院さんの色気?で接してみるアクト・・・。
アクトは、「まだなりちゃんには出せないあの色気を出せれるように、あの人の付き人にさせたんだろ?」と。
確かに、さすがのなりちゃんでも無理だと思うけど・・・伴田さんはアクトにはそういうの求めてなさそう。まぁ女性役をやるのであれば、そういう役柄もあるでしょうけど・・・でも思ってなかったとしても面白がりそうな気はします。

「違うよ?」

と真顔で否定(笑)「何か収穫あるまで続けろよ」

翌日、七宝院さんはアクトとの待ち合わせに遅刻せずにやってきました。
これから行くという「戦いの場所」とは・・・

新作ゲームの購入!
たぶん、モンハン的なヤツかな・・・ゲームでお肉が焼けて、七宝院さんのお腹が「ぐ~」と鳴りました。ということで焼肉屋へ。

食べていたのですが、気付けば七宝院さんがいません。アクトは、ちょっと前に紙エプロンで兜を作ってかぶっていた子のことを思い出し・・・千葉へ。なぜ千葉?千葉って鯉のぼりで有名なの?

そして、アフレコ。アクトの熱心さ?に「見学ばっかもなんだし、端役やってみる?」と声を掛けてもらえました。ちょっとでも経験積まないとね。

アクトの分析能力は七宝院さんも凄いと思ったようですが・・・

「残念だけどあなたには、声優として決定的に足りないものがあるわ!!」
そして、たまたま通りかかった嵐士くんを見て「あえて説明するなら・・・素質でいえば、この鳥羽くんにも劣っているわ!!」

七宝院さんは2人にお題を出しました。
「理想のデート」の一人芝居。

もう、2人はバッチバチです。

何だろう・・・アクトが嵐士くんより劣っているもの。
能力的にはアクトの方が上かもしれないけど・・・その嵐士くんに劣っているものって・・・

妄想的な?
アクトの場合、「この役は○○しているから××だ」とか、「△△している理由は・・・」とか結構徹底的に考えるタイプ。それで斬新?な発想が出たりするけど・・・それだけじゃダメってことなのかな?「こうだったらどうなるだろう・・・」とかキャラを広げられてないっていうこと?
スポンサーサイト
天使とアクト!!トラックバック(0) | コメント(0) | top↑| 管理者用記事編集
<<FILE967 解読不可能!? | ホーム | キャンプと研究室>>















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://heijiconan4869.blog96.fc2.com/tb.php/3782-2a3f14cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
名探偵コナン情報

平葉陽蘭

Author:平葉陽蘭

ブログランキングに参加しています。これを押してもらえると嬉しいです♪
blogram投票ボタン
こちらもクリックしてくださると嬉しいです。

Booklog
ここで私の持ってる本などを載せてます。

今までに来てくださった人
現在お越しの人
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
Twitterやってます。