ACT.73 なりと役作り 
なりちゃん、翔ちゃん、翠くん・・・Bグループのアフレコ。

みんなでやった練習は1回だけということでスタッフ?さんたちも「大丈夫かな・・・」と。そんな中アクトは(やつは・・・絶対仕かけてくる)と思っています。

仕掛けてくると言うか、結果的にそう見えたとしてもたぶんなりちゃんの場合は意識的にはやってないんでしょう・・・。

翔ちゃんと翠くんのやり取りは普段、仕事で一緒のことが多いからいい距離感で演れています。そしていよいよなりちゃん・・・。

「なら花火だ!今から花火をやろう!」
アクトのソアラとは随分違ううえ、独特な言い回しで性別や年齢もわからない感じ。

さっきは「何か仕掛けてくるはず」と思っていたアクトでさえ、(練習不足なのか・・・)と思い始めました。しかし、視聴者の感想を見せてもらったアクトは気付いたのでした。

オレはこの声アリだけどな
Aのソアラは定番のマスコット声だったのに
確かに可愛かった


ほんと、これが始まって何回も言ってるけど、普通の漫画よりも声が大事ですよね・・・天使とアクト!は。そりゃ、他のアニメ化されていない漫画とかでも何となくイメージして読んだりすることはありますが。アフレコのシーンなんて特にね・・・。キャラを演じるってことで、元々の声のイメージとは違ってるし。ほんと、どこかでドラマCDでいいから出雲の時みたいにやってほしい・・・。

このソアラは作品上はマスコットキャラでペットですが・・・
設定は空からやってきた不思議な生物。それがあくまでマスコットであり、ペットなだけ。
誰も見たことのないキャラクターなのです。

これ・・・兄妹はいいとして、周りの人たちはソアラを見て何とも思わないんでしょうか(笑)そういう世界っていうわけでもなさそうだし。それともこの兄妹以外には見えない設定?

アクトが感じた通り、視聴者の反応も変わってきました。

クセになってきた
面白いなーこいつ
今までにないキャラだな


そして、終了し投票スタート。
色んな声が上がりますが・・・

Aのソアラって、どんな声だったっけ・・・

なりちゃんのソアラが強烈で、アクトの声がどこかへ飛んでいってしまったのです。

嵐士くんは翠くんに「何がなりちゃんと1回しか合わせてへんや!ホンマはコソ練してたんやろ!!」
と怒るのですが、本当に揃っての練習は1回だけのようで。
「特別なコトはしてないぞ。何と言っても未知のキャラクターだしな」
かけ合いがあまりにこなれると、新鮮味も薄れてしまうということで合同練習は控えていたのでした(スケジュールの都合が合わないのが1番らしいですが)

「役をこちらで固めすぎないためにな」
(役を作らない『役作り』・・・)

たまにいますよね、こんな感じの俳優さん。

役を作らない役作り・・・これはそれなりに経験を積まないと出来ないですね。色んな役を演じてきたからこそ、その積み重ねが出来て、必要以上に役作りをしなくても演じられる・・・。アクトの場合は場数が少ないですからやろうと思ってもその引き出しがありません。

このオーディションを持ってきた伴田さん・・・
「アクトも今回は運が悪かったなー。春坂なりとタイマンなんてブが悪すぎるぜ・・・」
あなたが言いますか(笑)あなたが持ってきたんでしょうが。

なりちゃんに負けた悔しさはあるけれど、次へとまた進み始めるアクト・・・。
スポンサーサイト
天使とアクト!!トラックバック(0) | コメント(0) | top↑| 管理者用記事編集
<<FILE964 接近 | ホーム | 連勝ストップ>>















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://heijiconan4869.blog96.fc2.com/tb.php/3755-f2f73c7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
名探偵コナン情報

平葉陽蘭

Author:平葉陽蘭

ブログランキングに参加しています。これを押してもらえると嬉しいです♪
blogram投票ボタン
こちらもクリックしてくださると嬉しいです。

Booklog
ここで私の持ってる本などを載せてます。

今までに来てくださった人
現在お越しの人
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
Twitterやってます。