ACT.71:六積とペット 
七星プロの塾生たちは「アクトが六積先生に飼われてる!?」と大騒ぎ。

だけど・・・男子たちは「うらやましー!!」と。
正直で宜しい(笑)

「地獄だ・・・六積さんから話を持ちかけたってことは凰生が演技に苦戦してるって証拠・・・」
まぁ、長い付き合いですからね。でも、塾生たちだって六積先生の授業受けてちょっとはわかってるんじゃないんですかね。それを差し引いても羨ましいのでしょうか。

それに・・・六積先生って年齢非公開ですが、それなり・・・な年齢ですよね。
コミックス巻末に二麗先生が47歳ってなってましたが、あの関係性からして六積先生の方が・・・上ですよね。
「六積さんが・・・」ってさん付けしてるし・・・(まぁこれは年下でもあるか)
それに養成所時代の六積先生初登場の時の
「二麗さんが出てたZバンダム好き・・・」
「あれって、二麗さんがデビューしたての20年前のだろ?」
というやり取り。二麗先生が「デビューしたて」と言ったのに対して、六積先生ついてはそういうコメントがないから・・・少なくともデビューしたてではない。ってことはやっぱちょっと上って感じが・・・。

六積先生の家に泊まることになったアクト。

お風呂から出てきた六積先生・・・髪下ろしてるの初めてですね。

「命令以外は自由行動」と言われているアクトですが、「何をしてもいい」だけにどうすればいいかわかりません。
そりゃね・・・単純に「好きにしてていいわよ」ならともかく、一応は“ペット”ですもんね。

「なら“そっち”の先輩を紹介するわ。来なさいシュナイダー!!!」
やってきたのは丸っこくて可愛い犬。ほんま可愛い・・・モフモフしたい(笑)

一方・・・Bグループ。
翔ちゃんと翠くんが資料室で練習しています。
「2人はイベントで一緒にいる時間も多い・・・間の取り方も含め、自然な会話が出来ている」
経験も大事ですが、息が合うかっていうのも大事ですよね。何かミスとかあっても上手くカバーしあえたり。

「気がかりなのは・・・主人公であるペット役の春坂なりが、未だ練習に参加できていない・・・」
ここがポイント?

結果としてはどっちでもありそうな気がするんですよね。
前、吹き替えのオーディションの時・・・翔ちゃんは受かったけどアクトはダメだったし。
アクトたちのAグループが勝つのであれば、「3人の息が合ってるかどうか」が評価のポイントになりそう。

Aグループはみんなで練習してるから3人の息が合ってるけど、Bグループは翔ちゃんと翠くんは合ってるけど、なりちゃんが・・・みたいな。ただ、そこはなりちゃんだからちょっとだけでもすぐいい感じになじむような気も。

翌日、ちょっと広そうな公園を犬と一緒に散歩するアクトと六積先生。

「俺はキサマのペットなんだぞ!」
なかなか指示を出してくれない六積先生にアクトはいらだち。
それはいいとして、「俺はキサマの~」ってヤバいでしょ(笑)周りに人いるんだし。しかもアクトみたいな声で言ったら余計に「!?」ってなる。現になってるし・・・引いてるし。

「しょうがないわね」と六積先生が取り出したのはボール。全力で取りに行くアクト。
あの丸っこくて小さいシュナイダーがアクトより早く取れるはずもなく・・・。いや、ほんまてけてけ可愛い。

さらに散歩してると人だかりが・・・ドッグランコンテストをやっていました。アクトたちも出ることにしたのですが・・・

スタートと同時に走り出し・・・「え?」
そっち側かい。確かにペットの気持ちになろうとしてるのはわかるけど・・・。
バーに苦戦するシュナイダーの横を背面飛びで跳ぶアクト(笑)さらに他の障害物も華麗に突破。

とは言え、ドッグランコンテストですから、アクトがいくら早く走ろうが入賞できるわけもなく。
シュナイダーは最後まで行ったかはわかりませんが・・・結果としては良くなかった感じ。

(クハハハ!キサマは破門だ!!)と思うアクトに対し、
「よく頑張ったわねー」と褒める六積先生。
ちょっと、キャラ違くないですか?そりゃ、普段からトレーニングしてるような感じはないし、いきなりあんなのをやれって言われても出来ないだろうから結果としては仕方ないけど・・・あんな言い方するんだ。

「主人を主人とも・・・まして、自分をペットとも思っていな・・・」
ここでアクトは気付きました。
「ペットは自分をペットだなんて思ってない。そう位置付けてるのはあたし達の方でしょ?」
基本、ペットは自由ですもんね。

「ひたすら考察するのも大事・・・だけど、もっとも演じるのは心で演じることよ」

このペット作戦のおかげか、翌日?の練習では成長したようです。

部屋から出ると翔ちゃんと翠くん。
ペット作戦の件で変に誤解されてしまったようで・・・
「フケツな方に言われたくくありません・・」・
「この大事な時に・・・」
何がどうなってああなったのでしょう。六積先生の家に泊めてもらう・・・「何も起こらない」はずないと思って?
スポンサーサイト
天使とアクト!!トラックバック(0) | コメント(0) | top↑| 管理者用記事編集
<<FILE962 悲しき鵺伝説 | ホーム | まさかの>>















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://heijiconan4869.blog96.fc2.com/tb.php/3740-f60581e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
名探偵コナン情報

平葉陽蘭

Author:平葉陽蘭

ブログランキングに参加しています。これを押してもらえると嬉しいです♪
blogram投票ボタン
こちらもクリックしてくださると嬉しいです。

Booklog
ここで私の持ってる本などを載せてます。

今までに来てくださった人
現在お越しの人
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
Twitterやってます。