FILE961 牙を剥いた鵺 
久しぶりの横溝警部。
「私が来たからには大丈夫!その化け物から皆さんをお守りしましょう!」

とりあえず、起こったことの状況説明。
最初は「どーせ何かのトリックでしょうけど・・・」と本気にしていなかったのですが・・・

「それどころか手前にあった立て札噛んで・・・」
「そのまま引き抜いて持ってっちゃったんです!!」
看板を見せられたところあたりからちょっとずつ顔色が変わり・・・

確かにあの看板はちょっとビックリするかも。

「尻尾が見えてたんやけど・・・」
「蛇みたいだったよね!?」
増子さんたちから鵺の話を聞かされた横溝警部

「皆さんはまるでその怪物が蘇ったかのように話されていますが・・・」
現実世界にそんなものがいるはずがないでしょう・・・?しかも蘇るなんて・・・と否定するのかと思いきや

「元々いたんですよ・・・この黒金の森に・・・鵺という化け物がね・・・」

「ホラ!やっぱりいるじゃないですか!!16年間森に隠れ棲んでいたんですよ!!」

否定どころか思いっきり肯定してるし・・・(笑)何かもう、アノ人と同じニオイがするんですけど・・・。これが重悟さんなら全否定してくるんでしょうね。また重悟さんも見たい。今回の参悟さんをふまえて、次に平次が出てくる時は神奈川舞台にして重悟さんと会わせましょう!

「!?何かこの人どっかで見たことあるよーな・・・。あ、そうやあの時の・・・でもサンゴみたいな頭しとったなぁ。あれ?でも静岡やったよなぁ・・・」
「あぁ・・・その人の弟さんだぜ」
「兄弟で全然性格ちゃうやんけ」
みたいなやり取りを期待(笑)いや、それよりも平次と高明さんの絡みが見たい。

「おい工藤・・・この警部群馬県警のヘッポコと変わらんで・・・」
実際にはアレだけど話的にはこいういう人の方が面白いですね。ああいうの重悟さんは信じなさそうだけど、意外と信じてて参悟さん以上の反応をするってのも面白いかも。

「自分は、自衛隊に出動要請できるかどうか・・・上の者に掛け合ってみます!」
おいおいおい!そんなんで自衛隊って・・・山村警部より“上”じゃないか・・・?山村警部はビビったりするけど、自分の中で完結してるって言うか・・・1人で騒いでる感じ。ある意味、この人の方がマジ。

「2度目に火がついた時、雨水がピッとホオに・・・炭酸の飲み物のフタを開けたような音も」

増子さんは白ワインと炭酸水を頼んでいて
鶴見さんはコーラを頼んでいた
炭酸水とコーラの違いに何かトリックの鍵があるのかな・・・。

白くて丸い塊がそこら片にいっぱい置いてるのを見て・・・
「コレがアレやったとしたら・・・、マッチやライターがのーても・・・」
あの白い丸いの何だろ・・・。あれで発火を誘導するのかな?ちょっと調べてみたけど、それらしいのは見つからない。

密室毒殺トリックについて考えるコナンと平次。

増子さん:丹沢さんの真下の部屋
火に驚いて顔を出したところに、毒針付きの長い棒を突き上げれば・・・
でも、部屋を調べた時に棒らしいものはありませんでした。

鶴見さん:隣の部屋
毒の吹き矢でも使った?
でも、窓1つ挟んでいたし、横からじゃアゴの下は刺せない。

2人の持ち物の中にもそういうのに使えそうなのはなさそうで・・・。
でも、組み合わせて何か作るんですよね?

村長:持ち物デッキブラシ
これだけじゃ・・・ね。

犬のことが心配になって様子を見にきて、餌をあげていた蘭ちゃんと和葉ちゃん。それを見たコナンと平次は・・・
「最初に鵺の鳴き声がした時も・・・」
「この犬吠えとったなァ・・・」
(でもあの化け物が現れた時は・・・吠えてへんかった!!)
鵺の正体は犬ってことか!鳴き声はスマホか何かで流したのかな。で、何らかのトリックで犬を巨大化させる」

(これができるのは・・・あの人しかおれへんな)
トリックも犯人もサッパリです。

コナンと平次は、蘭ちゃんと和葉ちゃんに頼んで色々持って来てもらい何かを作ろうと・・・。

「気のせいかもだけど・・・真ん中に映ってる外国人・・・ちょっと鶴見さんに似てるような気がする」
ってことは、あの亡くなった外国人は鶴見さんのお父さん?で、あの事故には裏があって・・・今回殺された人たちがその事故の原因を作ったとか。

コナンと平次はせっせと工作を進めていきます。
「急げよ工藤!早よせんと夜が明けてまう!」」
どうやら明るいとバレバレなトリックらしいのですが、平次には他のこともあるようです。告白は・・・次回以降に持ち越しかな?今回の宿里村の景色がどんなのかわからないけど、それでも何からしくないって言うか。

朝の4時に呼び出されるみんな(笑)

今朝も同じように角・のところが燃えて立て札も。
そして鵺・・・登場!でも近くから声がした平次の手が・・・?高いところにある・・・。
スポンサーサイト
サンデー感想トラックバック(0) | コメント(0) | top↑| 管理者用記事編集
<<読書バトン | ホーム | ACT.70:グループ戦と役作り>>















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://heijiconan4869.blog96.fc2.com/tb.php/3734-b27fa40f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
名探偵コナン情報

平葉陽蘭

Author:平葉陽蘭

ブログランキングに参加しています。これを押してもらえると嬉しいです♪
blogram投票ボタン
こちらもクリックしてくださると嬉しいです。

Booklog
ここで私の持ってる本などを載せてます。

今までに来てくださった人
現在お越しの人
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
Twitterやってます。