第一六二首 
(まただ・・・並べる札に「ちは」が来なくなった・・・)
そうなんだ・・・。“並べる札”ってことは相手陣ならあるってことかな・・・?

千早ちゃんの雰囲気に新たちは驚いています。
(まさかチームメイトの試合展開まで見えてる?)
実力はもちろんのこと、周りまで見えたら強いですね。個人戦ならともかく、団体戦は自分だけが勝ってもダメなわけだし・・・声掛けるとかみんなの士気を高めるって言うか・・・。1試合だけでもしんどいのに、何試合も・・・そんな時に声掛けてもらったり何か刺激?があると空気も変わるような。

(ああそうや。最初から感じてた・・・千早はきっとこの全国大会できっと一度も「千早」にならんかったんや・・・瑞沢のキャプテン・・・)
ちょっと真意がわからない・・・。千早ちゃんらしさが出てないってこと?

一方お母さんたち。次の札が読まれた後に入ろう・・・ということになったのですが、みんな長時間の正座がしんどくなってきてるみたい・・・。かなちゃんのお母さんから「コツ」を教えてもらいます。

確かに私も高校選手権観に行ったことあるけど・・・ずっと正座はしんどいです。しかも、場所によったら結構つめつめだから、ちょっと浮かせて・・・とかそういう調整がしづらいから余計に。

かなちゃん・・・歌を凄く大事に思っているわけですが、もう「この札がもう『ひとは』に見える・・・」とかるた人になっていることにちょっと寂しさを感じている様子。

「守り堅いねいいよ!練習通り」
両端にいる千早とかなちゃん・・・。1番遠いのに、見えていることにかなちゃん含め驚き。
大変ですよね・・・ほんと。自分だけでも精一杯だろうし・・・。取って取られて札の移動があったら覚え直して。他に意識が行くとその辺の集中切れてミスが出たり、というのも起こりそう。

(おれの名前は松林滉)
同学年の兄、舜くんの方が人気だったようで「損してんな~」と言われたこともあったようですが、2人でやるかるたは楽しかった・・・などあまり気にしてなかったみたい。

これ、人によったらキツイだろうな・・・。年の違う兄弟でもそういうこと言われたら気にしかねないのに、同学年ですもんね・・・。年違うならそれを言い訳に出来るけど。

翠ちゃんも自分が出たいと言ったのに思うように取れず悩んでいます。飛んだ札を取った際、北央の太田くんの札だったようで・・・「こっちだろ」と言われます。これぐらいなら色々過去にあったとしても最低限やるべきことでしょうが・・・

「粘れよ」と思いがけない言葉が太田くんの口から。

みんなが色んな思いを抱えつつ札を取り、お母さん達(かなちゃんのお母さん除く)は足の痛みに耐えながら・・・

そんな時、後ろのふすまが開いて誰かが入った来たようです。
その気配を真っ先に感じ取ったのは太一のお母さん・・・。しかもそれは「誰かが来たのを感じた」ものではなく、ある“人物”に対して。他のお母さんたちも気付き・・・そして瑞沢メンバーたちも・・・。

太一登場!
スポンサーサイト
ちはやふるトラックバック(0) | コメント(0) | top↑| 管理者用記事編集
<<神戸パトランド① | ホーム | 愛知なぞ煮込み>>















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://heijiconan4869.blog96.fc2.com/tb.php/3632-5c2311b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
名探偵コナン情報

平葉陽蘭

Author:平葉陽蘭

ブログランキングに参加しています。これを押してもらえると嬉しいです♪
blogram投票ボタン
こちらもクリックしてくださると嬉しいです。

Booklog
ここで私の持ってる本などを載せてます。

今までに来てくださった人
現在お越しの人
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
Twitterやってます。