ACT.55:ゲームと声 
りゅーくんが「もう書きたくない」と言ったのはトゥルーエンドの内容に悩んでいるからでした。

主人公のメイが行く先々で迷子になり、ナゾの美女セルフィと脱出する謎解きゲーム。
でも迷宮は、メイの悩みや心の迷いが作りだした砦、セルフィも自分と正反対の分身。
何かそういうの、ありますよね・・・。

一緒に旅とかしてて、ある地点で「私、もう行くね」
「え、どうして」
「だって、あなたはもう1人でやっていける」
「えっ・・・」
「もう、あなたは昔の私じゃないもの」
「まさか・・・」
みたいな(笑)

メイも十分成長したし、今回で終わらせるつもりだったのですが・・・
ネットでは、まだ終わって欲しくないとかこれから何を楽しみにすれば・・・なんて書き込みが。

自分としては、もういいと思っているのにみんなはそれを望んでいない・・・自分が強引に終わらせようとしているだけではないか、と。

確かにね・・・好きな漫画が終わると辛いです。確かにこれらの書き込みのようなことを全く思わないと言ったら嘘になります。でも、ちゃんと納得のいく?(全ての人がっていうのは難しいと思いますが)結末を迎えるなら、それでいいと思ってます。

アクトはイライラして激怒(笑)トゥルーエンドを見せてもらいます。
アクト的には「悪くない」と言いますが、自信がないというりゅーくんにアクトが提案。

「ならばこうしろ。成長した主人公は自らが攻略してきた迷宮を元にして遊戯施設を運営する。リアルな脱出ゲームとして世に広め、一時代を築き上げるのだ」
え、ちょっと待って・・・御存じなの?ひらかわ先生(笑)何か嬉しいな~。難易度凄く高そうですね。広そうだから・・・ドーム型?かな。でも、あの感じからして、部屋はいくつもありそうだから色んなところを探しつつって感じかな。一部屋一部屋もきっと広いだろうし。

アクトはやることをやって帰ります。アクトが帰った後、りゅーくんは部屋から出てきて、アクトが録音したのを聞いてみます。終わったと思ったら・・・勝手にリプレイされ始め・・・?りゅーくんは気付きます。

「いや、さっきと少し読み方が違う」
アクト2パターン撮ってたのか~。自分の出来ることで、って思ったんですかね。だって、アクトにはこれしか方法がないですもんね。自分の声を使いたいと言ってくれた人ですもんね。ちょっと問題アリでも・・・

別バージョンのメイの最後のセリフには心の迷いは感じられず・・・


バスを待つアクト・・・まさかの2時間待ちです。すると後ろからカサカサ音が・・・。熊を想像して一瞬ビビるアクトですが、そこから出てきたのはりゅーくん。アクトのEDに大満足のようで・・・決心がついたようです。

次回は販売会場で・・・とのことみたいですが、アクトも一緒に行くのかな?
りゅーくんの顔がみんなに割れてるかは知らないけど、制作者として行くのでしょう・・・。アクトは?しゃべったらたぶんメイの声だったわかるけど、たぶんゲームやってる人たちも女の子だと思いそうだから女装させるとか?
スポンサーサイト
天使とアクト!!トラックバック(0) | コメント(0) | top↑| 管理者用記事編集
<<FILE948 握られたハサミ | ホーム | USB>>















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://heijiconan4869.blog96.fc2.com/tb.php/3619-c0c81e93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
名探偵コナン情報

平葉陽蘭

Author:平葉陽蘭

ブログランキングに参加しています。これを押してもらえると嬉しいです♪
blogram投票ボタン
こちらもクリックしてくださると嬉しいです。

Booklog
ここで私の持ってる本などを載せてます。

今までに来てくださった人
現在お越しの人
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
Twitterやってます。