ACT.47:かぐやと影響力 
早目に収録が終わって、なりちゃんが所属試験を覗きにきました。

アクトがやる「かぐや」とは・・・

「あ~も~うるさいうるさい!月に還ってきた途端、お見合いの話ばっかして!」
すっごいワガママな悪女。アクトがそのままかぐや姫になったみたいな感じ。

みんな、この『かぐや』にはイライラするものの、引きこまれてしまいます。
後日談で、これが正解なんてものは存在しないから想像するしかないけども・・・。元々こういうタイプだったのかもしれない。地上にやってきて、求婚してきた男性たちに無理難題を・・・。私の勝手なイメージですが、無理難題を言うものの高貴な感じがあったんですよね。こっち戻ってきてもまた同じこと・・・「あ゛ぁ゛!!!!!!!!!!」ってもう我慢ならないのもわかる気はします。

で、思わず笑ってしまったと言うか、懐かしく思ったのが
(この女の言動、見方を変えれば・・・男を手玉に取る魔性の女!!!)
アクトのかぐやのイメージで出てきた求婚者たち・・・絶対、出雲の時の生徒会メンバーですよね(笑)
前も何だったかのシーンで出雲たち出てきてて「おぉ~」ってなったし。

そんなわがまま悪女なかぐやを演じるアクトですが・・・
(肩書目当てで寄ってくる・・・そんな連中としかほとんど交流のなかった姫だからこそ・・・欲しかった人間関係があったに違いない・・・)
自分で考えた後日談だけど、ここは自分と重ねてるっぽいですね・・・。重ねてると言うか考えていく中で自分とかぶったという感じでしょうか。

「おじいさんとおばあさん・・・私をただ1人の女の子として愛してくれた。あの2人にもう一度会いたい・・・そんな人と、またもし出会えたのなら、今度は私も、きっと純真に人を愛せるわ・・・」
かぐやにとって、初めて1人の人間として見てもらえたおじいさんとおばあさん。わがままなのではなく、求婚してきた人たちは自分を姫という立場で見ていて「かぐや」という1人の人間として見てくれてる人がいなかったからああいう風な対応になったのかもしれませんね。姫という立場にいたらななかなか難しいのでしょうけど。

アクトの後にかぐやをやる子たちも、アクトの演技に影響されて・・・
さっきの芝居がこの場の雰囲気を完全に支配してしまった・・・)
みんな考えていたものがあっただろうに・・・急に変えて、それで成り立つならそれはそれで凄いと思います。

そんな中・・・

「~私に恥をかかせたあの悪どい女め。いなくなてくれて清々する。・・・ウソやーん!!ホンマに居らなってしもたーん!!?確かに性悪やけどソコが魅力ちゃうのん!?」
嵐士くんも素ですね・・・これは。自分だったらどう思うか?でやったらこうなりそう。

最後にはかぐや姫に「好きやー!!!」って絶叫。
これはこれで嵐士くんにしかできない演技ですね。

そして、審査・・・
四乃宮さん曰く「声優として採るとなると・・・この塾生は使いものになりません」
能力的にはいいけれども・・・

そして候補?として残るのはやっぱり
アクト
翔ちゃん
嵐士くん
翠くん
スポンサーサイト
天使とアクト!!トラックバック(0) | コメント(0) | top↑| 管理者用記事編集
<<第2051回 「最近面白かったことは?」 | ホーム | FILE941 証言の真相>>















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://heijiconan4869.blog96.fc2.com/tb.php/3549-61f21cf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
名探偵コナン情報

平葉陽蘭

Author:平葉陽蘭

ブログランキングに参加しています。これを押してもらえると嬉しいです♪
blogram投票ボタン
こちらもクリックしてくださると嬉しいです。

Booklog
ここで私の持ってる本などを載せてます。

今までに来てくださった人
現在お越しの人
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
Twitterやってます。