act.45 風邪と喜怒哀楽 
名前を呼ばれ、部屋へ入ると・・・思った通り、アノ人がいました。
しかも机に足を乗せて思いっきり寝てる・・・(笑)アイマスクまでしてるし・・・。

「塾長、その端にいるのは・・・」
「あぁ・・・説明会に来てなかったもう1人の審査マネージャーですよ」

アクトのには気付いたものの、顔は全く覚えていない様子。そこまで飲んでらしたのね・・・。

覚えてたならまだしも、全く記憶にすらないこの人に椅子を持って今にも殴りかかろうとするアクト、それを止めようとする二麗先生(笑)この組み合わせ見てるとあれだなー、出雲思い出す(笑)これ、将来的に逸話的なものになったりしないかな・・・。「そう言えば、お前所属試験の時に・・・」みたいな。

「七星プロの中でも優秀なのが来るんだろ!?」
「彼は優秀ですよ」

サラッと言ってのける塾長。いやいやいや・・・そんなサラッと言われてもあんなの見てたら誰も納得できないって!せめて理由を説明してほしい。まぁ今後、その“才能”がわかるような話が出てくる・・・のかな?

そして、1つ目の課題の感情表現。
「私達と3分間雑談してもらいます。ただし、そちらが使っていいのは、『あいうえお』の5文字だけです」


「おや、暑いのは苦手ですか?」
「う・・・」
「まぁ、安心なさい。むこう1週間はずっと雨みたいですから」
「あ゛~っ」

「なぜここで落胆するんですか?」
「彼は託児所でバイトをしているので・・・」
塾長知ってたんだ・・・。どういういきさつで話したんだろう。何かの話の流れ?気になる・・・。こういうとこのの事情は知らないけど、住所的なものも書いたりするんだろうか・・・。普通、自宅(一人暮らし含む)だろうけど、アクトの場合そうじゃないから・・・。でも、親の同意書もらった時点で家は追い出されたけど、住むとこ決まって・・・なかったっけ。さまよってる時になりちゃんに「同意書はもらった」って言ってたから出す段階では託児所決まってたのかな。

今度は四乃宮さんが質問。
「仮にプロになれたとして、演ってみたい役とかはありますか?」
「あ?」
「あまりそういう態度はとらない方が」
「あーあー」
「どうもキミとは気が合いませんね」
「ああ!」
もうここ面白すぎて・・・めっちゃケンカ売ってる(笑)よっぽど気に入らないんでしょうね。確かにこの2人は合わなさそうな感じ。アクトが試験受かって、万が一にもマネージャーがこの人になったら毎日のようにケンカするんだろうなぁ・・・。四乃宮さんから「自分がやります」ってのはなさそうだから塾長とかに言われて・・・ってとこでしょうけど。

次の問いかけで声が上ずってしまったアクト。そこに攻撃してくるかのように?
「ではキミはプロになてどうしたいんですか?声優になってキミはどこを目指していくつもりですか?」
普通に考えたら「あいうえお」の5音だけじゃ答えられそうにありません。
それは二麗先生も六積先生も同じことを思ってて・・・。

上へ!

これには四乃宮さんも(ちっ)

「うおー返した!!」
「あの『え』の使い方ありかしら・・・」
「アリアリ!!」
六積先生はともかく二麗先生もあんまり四乃宮さんのこと好きじゃないのかな・・・(笑)

最後にアクトが言った「あぁ」という言葉に酔っ払いマネージャーが反応。

アクトは1つ目の課題を何とか乗り切ったものの・・・風邪がすぐに治るわけもなく・・・。
スポンサーサイト
天使とアクト!!トラックバック(0) | コメント(0) | top↑| 管理者用記事編集
<<FILE939 デパートでランチ! | ホーム | ゆるキャラグランプリin出世の街浜松>>















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://heijiconan4869.blog96.fc2.com/tb.php/3532-7a783358
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
名探偵コナン情報

平葉陽蘭

Author:平葉陽蘭

ブログランキングに参加しています。これを押してもらえると嬉しいです♪
blogram投票ボタン
こちらもクリックしてくださると嬉しいです。

Booklog
ここで私の持ってる本などを載せてます。

今までに来てくださった人
現在お越しの人
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
Twitterやってます。