FILE938 死角での犯行 
弦の類も調べたけれど、凶器が見つかりません。弦を切ったかもしれないとハサミなども調べたもののルミノール反応は出ず。

「その必要はないよ!犯人はまだここから逃げてないからな!」
まぁね・・・読んでる側からしたらそれだけはわかることなんですけどね(笑)

「凶器はもうすでに・・・この貸しスタジオから外へ持ち出されてしまっているんですから・・・」
何ですと?バンドのメンバーたちは外に一歩も出ていないはずなのに。誰かにさり気なく渡せるもの?ちっちゃいからポケットに・・・とか?

持ちだしたのはまさかの警察!
「被害者の遺留品を警察に持ち帰って調べてんだろ?」
でも、凶器になりそうなものなんてありません。
「ヒモ状の物が編み込まれて形を変えていたとしたら?」
凶器は・・・萩江さんが被っていたニット帽に編み込まれた毛糸。
同じ色の毛糸を用意しておき、犯行後その毛糸を編み込んで・・・わからなくする。

「折り返しを少し多目にすればそんなに気にはなりませんから」
凶器にするって言っても、絞殺するならそんなに長くなくていいですよ・・・。1mぐらいあれば十分?1mで結構編めるものなんでしょうか・・・。編み物やらないからその辺の感覚がわかりません。

編み針はないけれど・・・
「ドラムスティックだよ!!あの2本の棒を使えば編み物できるんじゃないかなぁ?」
先のところで上手く引っ掛かるか・・・長さや太さはどうなんだろ。まぁちょっと付け足すだけだから多少あれでも出来そうかな。

ここで3人のアリバイを再度確認
唯子さん:染花さんの上着のボタンをつけてほつれていた袖も直す
染花さん:切れたギターの弦を張り替え、チューニング
留海さん:キーボード弾きながら曲の直し
編み物をしている時間はなさそうですが・・・
「1人だけいるじゃないですか・・・事前に準備できる人が・・・小暮留海さん」
ボタンが取れかけたのも、ギターの弦も偶然のこと。
でも曲の直しは家でやっておけば済む話。しかも留海さんだけ防犯カメラに背を向けていて手元が見えなかった。

3人とも一見アリバイがあるように見えましたが、
唯子さん・染花さん:あらかじめ準備することは出来ず、偶然起こったこと
留海さん:先にやっておくことができる
同じことだけど、1つだけ違うものが混ざっている・・・よく考えないといけませんね。アリバイあったらそうなんだーってなりがち(笑)もちろん誰かが犯人なわけだから誰かが嘘ついてるわけですが、そういうのってそもそも矛盾があるか・・・で考えたりしますからこういう考え方ってあまりしないかな。

携帯つけた自撮り棒をマイクスタンドに取り付けるのはいつものことですが、どうやって防犯カメラが半分隠れるような置き方が出来るのか。下手に指示だしたりしたら、怪しまれますもんね。それは見せてもらった動画にありました。

ドラムは動かせない、ギターとベースはどう動いても画面に収まる。となると、左上角にいるキーボードの留海さん次第で変わってくるのです。だから、さり気なく?良さそうな位置を陣取れば自然に決まります。にしてもドラムが最初から固定されてて動かせない・・・っていうのはここのスタジオに元からセッティングされてるからってこと?だって、ドラムセットを持ち運ぶのなんて車とかないと無理でしょ?

だとして・・・証拠。
「バレバレだよ・・・だってお姉さんせっかく爪切り借りたのに爪切ってないじゃない!」
握りしめてた手をコナンは開かせてたけど、前から気付いてた?この人も失敗ですね・・・ちゃんと爪切ってれば良かったのに(まぁそうだったとしても、別に証拠は見つけられると思うので結局無理だと思いますが)

動機
朱音さんの喉をつぶしたのが萩江さんのせいだから。
歌声に深みが欲しいと言われ、色々頑張ってハスキーボイスになったのに、「前の方が良かったよ・・・」とボーカルを唯子さんに替えられてしまいました。その数日後に車に飛び込んで自殺。

でも、本当は自殺ではありませんでした。
信号無視して車道に飛び出した男の子を助けようとして車に轢かれたのです。

事件解決後・・・

「ボクが探偵をやってるのは兄の影響」
おっ、そっちに行きますか・・・安室さんとの件が進むかなーと思ったのですが。
赤女事件の時に話してた頭が切れるお兄さんは真ん中の兄で、影響を受けたのは1番上のお兄さん。

「一番上のお兄さんって確か亡くなったんじゃ・・・」
「まさか刑事で殉職しちゃったとか?」
「日本の刑事じゃなく連邦捜査局・・・FBIのエージェントだけどな!」
グリーンカードを取るのが大変だったとのこと。

グリーンカード、アメリカの永住権(の証明書?)のことみたいです。
FBIだから取るのが大変というより、取得そのものが大変なようです。
ちなみに取ったら特別な理由がなく長期間アメリカを離れていたら失ってしまうそうです(再入国許可証があればOK)

グリーンカードって聞いて真っ先に宇宙兄弟が浮かんでしまった(笑)

「ねぇ・・・その人の名前って・・・」
「赤井秀一っていうんだ!カッコイイだろー?」
(やっぱり・・・)

これでコナンも知ったわけですね。

あれ、でも読者的にも・・・なのかな?
雰囲気的にそうなんだろう・・・というのはわかってたけれど・・・明確に真純ちゃんが赤井さんの妹だって描写あったっけ?そうだと思ってたからあったのかなかったのかわかんない(笑)

蘭ちゃんは赤井さん知ってるのに、何で反応ないんだろう・・・と思ったら、蘭ちゃんは顔は知ってるけど、「FBIの人」って認識しかないからか。ここで、蘭ちゃんが「FBIって言えば私も会ったことあるよ・・・」で身体的特徴を言えば、それが赤井さんだってことはおそらくわかるからそこからまた進んだりしないかな・・・。

「じゃあベースを教えてくれた人もFBIだったりして・・・」
「まさか・・・兄が休暇で日本に帰った時に会った友達じゃないか?」
そう断言できる理由はないと思うけど・・・あえてそう言ったんでしょうか。

「いや彼は・・・警視庁公安部の潜入捜査官・・・君の兄に殺された男だよ・・・」
お仲間だったのか・・・スコッチさんですね。兄弟とか父親説あったけど。仲間を殺されたのはそりゃ辛いだろうけど、ここまで恨むって相当親密な仲だったのかな?
スポンサーサイト
サンデー感想トラックバック(0) | コメント(0) | top↑| 管理者用記事編集
<<第2043回 「ストレートとパーマ、どっちが好き?」 | ホーム | ACT.44:焦りと酔いどれ>>















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://heijiconan4869.blog96.fc2.com/tb.php/3526-1e51f5f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
名探偵コナン情報

平葉陽蘭

Author:平葉陽蘭

ブログランキングに参加しています。これを押してもらえると嬉しいです♪
blogram投票ボタン
こちらもクリックしてくださると嬉しいです。

Booklog
ここで私の持ってる本などを載せてます。

今までに来てくださった人
現在お越しの人
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
Twitterやってます。