第一五五首 
詩暢ちゃんが来た理由は・・・

「ずっとまえから若宮さんへの取材は依頼しては断られ依頼しては断られ・・・」
元々周防名人へのオファーじゃなかった・・・?ということで心が折れそうになる周防名人。
こういうところ見てると、凄い人なのかそうじゃないのかわからなくなってくる・・・でもそういう欠点?とかもあった方がいいですよね。

「名人と一緒やなんてこれ以上心強いことあらしまへん」
「嫁・・・♡」
立ち直るの早過ぎです(笑)惚れやすいのかな・・・。と言うかかるた以外のメンタルが・・・?

トップのかるた選手の速さを解明したいということで、名人・クイーンの順で。
「お弟子さんも準備お願いします」
(おれ一人が名人とクイーンにフルボッコにされる係!?テレビに映って?)
可哀想に・・・。周防名人もたぶんプロデューサーには聞こえてないけど「弟子じゃないです」と(笑)
これ、全国放送だとして・・・太一のお母さんが見たらどう思うんだろ。今はもうかるたを認めてるっぽいけど、やっぱ怒るんじゃないかな。「やるんだったら勝ちなさい!!」って。でもさすがにね、名人にクイーンですからそこは大目に見てあげてほしい。

音響研究所の鈴岡さん・・・これ、本人モデルいるね・・・。ちょっと変えてるけど、何か覚えのある名前。コナンの・・・たぶん戦慄の楽譜の公開前特番でちょっと出てたのがこの人だったような。

「声帯を振動させない無声摩擦音という子音はいくつかあるんです。これらをすべて子音で反応できればすごいことです」
音になる前の音・・・か。そして周防名人は低音も高音も小さい音を聴き取る能力が高いとのことです。かるたするにあたっては凄くいい才能かもしれないけど、聞きたくないことも聞いちゃうんだろうなぁ・・・。ひそひそ話とか。別にどうでもいい話だったらいいけど。

そして詩暢ちゃん。
取るスピードが早過ぎて、ハイスピードカメラでもぶれるため、もう少し上の「超ハイスピードカメラ」でもう1度撮ることに。

周防名人は耳がいいから、他の人より早く動くことができる。
詩暢ちゃんはそこまでの耳の良さはないけれど、取る時は最短距離を狙っているから、相手と動き出しが同じでも取れる。
この2人が試合したらどうなるんだろ・・・。詩暢ちゃんの早さは周防名人の耳に勝てるのか。

前は取材とかも断り続けていた詩暢ちゃんが取材を受けるだけではなく、積極的に協力するようになった理由・・・

「いままで断ってきたインタビューや取材依頼、できる限り受けなさい。雑誌やテレビ関係者に私からもつないでみます」
市会議員だっけ・・・やってますからそういうツテはありそうですね。その積み重ねで有名になったとしたって、プロになれるかはまた別の話。おばあちゃんの言ってる「プロ」ってのは勝手に名乗る自称とかじゃなくってちゃんとした「プロ」ですよね。そうなったらいくらおばあちゃんでも無理かと・・・。

好きな物を聞かれかるたはもちろんのこと、「スノー丸と鳥人間コンテスト」と。
「鳥人間コンテスト?琵琶湖の?」
おばあちゃんビックリ。でも一応は琵琶湖でやるって知ってるんですね。

そう言えば、鳥人間っぽいイベントが先月末神戸でありましたが、電車内の広告で初めて見た時は真っ先に鳥人間コンテストが頭に浮かびました。

そして今回の鳥人間コンテストを振ってこの収録に。
そっか、いつも高校選手権とかぶるんだっけ。そうだそうだ、千早ちゃんたちが1年の時宮内先生の代わりに引率を引き受けようとした先生が「鳥人間見たいから」が理由だったんだよなぁ・・・(笑)

詩暢ちゃん、最初は思い出せなかったものの、途中で太一のことを思い出します。
「東京の瑞沢の人やないか。あれ?今日いうたら団体戦の日でもあるんやなかったか?」
詩暢ちゃんも変わったよね・・・前だったら絶対こんなこと言わなかったと思います。

(やっぱりテレビはわかりやすいな。全部数字と理屈にして説明してくれてる・・・彼に合ってる)
周防名人暇中・・・(笑)
確かに、千早ちゃんや新みたいな“才能”は太一にはないから、こうやってちゃんと説明してくれるのが良さそうですね。机くんにも合いそうな気がする。

さて、高校選手権は予選ブロック開始。

えっとねー、今年も観に行った(1試合目だけだけど)からわかるけど、社務所は控室になってた(笑)
勧学館の朝日と浦安の間で2ブロックずつ、幼稚園で2ブロック・・・後どこか忘れたけど近江神宮外の会場もあったはず。

瑞沢は1回戦、3-2で勝利。
1年に経験を積ませる為、試合に出すものの大差で負けてしまいショックの2人(橋立くん、原さん)
筑波くんは「無謀なんじゃ」と言うけれど、菫ちゃんは「来年は絶対スタメンだよ。人数いないんだもん」
そうなんですよね。千早ちゃん、かなちゃん、机くん、かなちゃんがやめて1年4人。また新入生入ってきても・・・ね。

2回戦は去年も対戦した千葉情報国際高校。

お母さん達、やっと近江神宮に到着。
菫ちゃんのお母さんは最後のおまけコーナーに出てきたことあるけど、原さんのお母さんは初めて。目が似てますね。

勝利祈願に行くと、宮内先生もいました。
(高1でも高2でも綾瀬さんが見舞われた不調とケガ・・・ひどいと思うんです。なぜいつもピンピンしてるのに全国大会でだけ・・・)
高1は熱出して倒れて、須藤先輩に馬鹿にされ(笑)・・・高2は指のケガ・・・。

宮内先生がふと横を見ると富士崎の桜沢先生。
(富士崎のような強豪でもできることは必勝祈願くらいなんですね)

さて、富士崎は・・・先輩も勢ぞろいなわけですが・・・双子がある噂を。
「桜沢先生、かるたぶ顧問辞めるかもって噂」
「同時に結婚の噂」

「ありえねぇ」
「なんだそれ」
「オイオイオイオイ」

「がんばれよ現役」
「マジ頑張れ」

何かずれてるよ・・・(笑)
スポンサーサイト
ちはやふるトラックバック(0) | コメント(0) | top↑| 管理者用記事編集
<<初マリオ、初ぷよぷよ | ホーム | 第2041回 「毎月、洋服にいくら使う?」>>















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://heijiconan4869.blog96.fc2.com/tb.php/3521-03c6507f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
名探偵コナン情報

平葉陽蘭

Author:平葉陽蘭

ブログランキングに参加しています。これを押してもらえると嬉しいです♪
blogram投票ボタン
こちらもクリックしてくださると嬉しいです。

Booklog
ここで私の持ってる本などを載せてます。

今までに来てくださった人
現在お越しの人
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
Twitterやってます。