ACT.41:所属試験と笑い 
アクトの家に届く、退学通知・・・。
あら、意外とあっさり・・・。そりゃ、これがメインじゃないけど。お父さん見てみたかったなぁ・・・後ろ姿も初めてじゃ?だとしても、これって即通知なんですかね。親は出向かないのかな・・・まぁお父さん忙しいからなかなか難しそうですが。

最初は残るように説得してきたんだそうです。
ですよね、全国レベルの生徒ですから・・・このまま行けばT大も確実。学校としては進学実績出来ますもんね。なりちゃんの時と違ってこうなってしまうのは学校としては仕方がないのかな、とは思います。でも見逃してくれるというわけではなく、
「声優なんかやめろ凰生。あんなもの、働く気のないアニメ好きがなるモンだろ」
これに腹を立ててアクトはやめたんだとか。

学校辞めてまでやるんだから頑張ってほしいですね。
でも将来、声優でアクトが凄く有名になったとしたらが後悔したりするのかな?でも、凄い進学校において有名声優って卒業生いらないのかな。

「危うくこんな感じの無個性になり下がってしまうところだった」
可哀想に・・・巻き込まれちゃって。

所属試験の説明会は昼コースの子たちも一緒。
翠くんが「噂じゃ今年は例年より合格者を絞るらしい。今年は、2人受かればいい方なんじゃないか?」
あぁ・・・試験前に知るパターンか。アクトたちサイドからしたら、噂。

今期の試験は事前に課題を提示し、2週間後に発表。
①感情表現
具体的に何をするかは当日に発表
②かぐや姫
後日談を想像し、演じるとのこと。

審査するのは講師陣に加え、マネージャーも。
特に優秀だという人が1人来ているのですが・・・さっきアクトがエレベーターで「無個性」って言った人(笑)
七星プロの運営方針にアドバイスしてたのもこの人。

本当はもう1人いるらしいのですが、
「また欠席みたいスね」
「本番には来るでしょう」
おいおい、そんなんでいいんですかね。この来てない人は非常勤的なパートさんか何かなの?

「私が興味あるのは『賞品』だけです」
つ・・・冷たそうな人。この人もアクトをきっかけに変わっていくのかな?

大黒塾長からも、今回の採用が少ないという話がありました。
「プロになれば毎日がこれより厳しいイス取りゲーム」
ですよね、仮ここで2人が残ったとしてもそれで仕事どんどん来るかっていうの全然そんなことないし。

ファミレスにて、アクト・翔ちゃん・嵐士くん
「私、怒るお芝居って未だに苦手で・・・」
「天央ちゃん普段が怒らへんもんな」
確かに翔ちゃんが大激怒するイメージが全くない・・・。

「今更苦手意識があるのもどうかと思うぞ」
「じゃあ凰生くんは楽しいお芝居できるんですか?」

やってはみるのですが・・・
「えっと~集団レッスンで気付かへんかったけど、もしかしてこの子・・・他人見下した笑いしかデキひんのとちゃう・・・?」
本当に楽しそうに・・・と言うのには変わるのかな?
スポンサーサイト
天使とアクト!!トラックバック(0) | コメント(0) | top↑| 管理者用記事編集
<<FILE936 ガールズバンド | ホーム | 図書館戦争>>















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://heijiconan4869.blog96.fc2.com/tb.php/3502-58dc2616
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
名探偵コナン情報

平葉陽蘭

Author:平葉陽蘭

ブログランキングに参加しています。これを押してもらえると嬉しいです♪
blogram投票ボタン
こちらもクリックしてくださると嬉しいです。

Booklog
ここで私の持ってる本などを載せてます。

今までに来てくださった人
現在お越しの人
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
Twitterやってます。