ACT.38:スカウトとなり 
「残念ながら、お前の所の社長とはウマが合わなすぎるんだ!そいつの下で働くなんて・・・」
毎日言い合いなってそえはそれでちょっと面白いような気もするけど・・・

「誘ってるのは、むしろ社長の方なんだよ」
これにはアクトだけじゃなく、なりちゃんも驚き。

才能があれば、その辺は目をつぶるってことなのかな?
社長がアクトを目の敵にしようとしてたのってマイク事件でしょ。
結局事務所が儲かればいいのかなー。そりゃ、お遊びじゃないけどさ・・・。アクトが「わらじザル」って言った時の周りの反応からしてあまり好かれてないような気がするし・・・。

返事は一週間後に。

鳳也くんの突然のお誘いにかなり動揺しているアクト。
前回までのテキストを読んでいました。
動揺って言うか、社長の真意がわからないって感じですね。
誘ってると見せかけて飼い殺しにされるんじゃないかと不安な思いもある一方、大きな事務所だし鳳也くんといたら潜在能力はもっと引き出されるだろう・・・でもこのまま行くのはプライドが・・・。
声優として上に立ちたい思いはもちろんあるけれど・・・葛藤ですね。

授業終了後、「今度の週末気分転換にどこかおでかけしませんか・・・?」
まさかの翔ちゃんからのお誘い。

ショッピングや映画(チョイスが翔ちゃんらしい)、映画・・・こないだのなりちゃんの時とはえらい違いですね(笑)アクトが考えてたデートコース。にしてもあのキノコ・・・ちょっと不気味だし(笑)アクトはこれを観て何を思ったんでしょう。

「そろそろ所属試験のことが気になる時期ですね」
翔ちゃんが七星プロに入るつもりだと聞き、Mアカから誘いが来ていることを言います。
「七星プロに固執する必要もないからなー」
翔ちゃん、目から涙がポロポロ・・・。

「私、勝手に思い込んでました・・・プロになっても、ずっと凰生くんと一緒だって・・・こんなに早くお別れだなんて・・・そんなのヒドすぎます~!!」
大声で泣き出すから周りの人は「浮気かしら・・・」「女の敵・・・」
よくある展開(笑)全然そんなんじゃないのに・・・戸惑って「あぁ、わかった・・・わかったから!~すればいいんだろ?」「ケロッ」みたいな。

という展開にはならず、「もー行くぞクソもやし!!」

翌日の帰り?、なりちゃんと2人・・・
Mアカの件は翔ちゃん経由で他の子たちにも伝わったようで「お前がいーひんかったら張り合いなくなるやんけー!!」と嵐士くんには言われたようです。確かにどっちがいなくなっても面白くないなー。ツッコミ役?がいないと・・・。一方通行じゃ・・・ね。

「ここはタカヤさんの話に乗るべきだ」
活躍出来るのは一握りでみんな必死にもがいてる、それをデビュー前の新人にあんな好条件・・・声優の世界は厳しいことをよく知ってるなりちゃんからの意見。

でもね・・・何かね。
「なりたいものになるための道を選べ。だから絶対、Mアカに入るべきだ」
もうね・・・背中向けてるってことで全てを物語ってるよね。普通にこっち向きでそういう表情描いたって伝わるんだけど、背中向けるってことで余計に・・・。

翌日、Mアカオフィス。
「待ってたぞ!!」
「ようこそ~」
ここ、オフィスなのね・・・鳳也くんもいるんだ。アクトの件で立ち会い?

「今後は総世くんとのツートップでバンバン売り出していくつもりだ!」
アクトは受け取った契約書をビリビリに破ります。

「俺はこの声で誰よりも高みに昇りつめるのが目的なんだよ!!そいつがいる限り俺はココでずっと2番手に甘んじなきゃならんだろーが」
そっか・・・社長とウマが合う・合わないもあるけど、それ以上にアクトの目的が達成できないですもんね。2トップだから同等扱いとは言え、今のトップとこれからのアクト。やっぱり2番手になってしまいます。

「だったら俺は今いる場所・・・七星プロで、この世界のNo.1に君臨してやる!!」
言いたいこと言って帰っていくアクト。

「・・・あの小僧・・・やはりツブしてやる」
才能はわかったけども、それをよそで発揮されちゃたまらんということか。
鳳也くんは大笑い。

アクトがMアカに行ったと思ったみんなはまだこっちにいるアクトを見て驚き。
「あきれたやつだな。あの要求をけっただと?」

アクト・・・ちゃんとわかってないけど、なりちゃんが「Mアカに行くべきだ」って言ってたけど、そうじゃないように聞こえたみたいです。
スポンサーサイト
天使とアクト!!トラックバック(0) | コメント(0) | top↑| 管理者用記事編集
<<FILE934 死人の行方 | ホーム | せ~んしゅ~ら~く>>















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://heijiconan4869.blog96.fc2.com/tb.php/3480-605a3e1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
名探偵コナン情報

平葉陽蘭

Author:平葉陽蘭

ブログランキングに参加しています。これを押してもらえると嬉しいです♪
blogram投票ボタン
こちらもクリックしてくださると嬉しいです。

Booklog
ここで私の持ってる本などを載せてます。

今までに来てくださった人
現在お越しの人
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
Twitterやってます。