act.36 なりとデート 
「アクトくん、そこんトコ超ニブいからさ~今度は人を好きになる男になりきってみなよ」
アクト、ブチ切れ(笑)
ほんと、鳳也くんがよくわかんない・・・。この辺見てるとアクトをもてあそんでるような感じもあるけど・・・アクトを気にかけてるような面もあるし・・・何がやりたいのか。

「キミを呼びたいアニメってさー、なりがヒロインの逆ハーレムものなんだよねー」
ほうほう・・・?逆ハーレムってことは男がいっぱい出てくるってことですよね・・・。

アクトは過去の経験もあり、全力で拒否るのですが・・・
「本当は怖いんじゃないのか・・・?アクトくん」
えっ・・・ちょっと軽い壁ドン?(笑)

そして、ブラックジャッジメントのアフレコ・・・
なりちゃんが黒いよ・・・めっちゃ悪そう。
嵐士くんも「別人やな~」と驚き。

終了後・・・嵐士くんと翔ちゃんに「聞きたいことがあればアドバイスしよう」と声をかける鳳也くん。こう見てるといい人ですよね。いや、別に根っから悪い人ってわけじゃないとは思ってる。
なりちゃんに、声をかけようと?するもののなかなか・・・というアクトをなりちゃんの方へ蹴り飛ばし、翔ちゃんに「それじゃあっちで話そうか―」と笑顔で。ここだけ見るとチャラく見えますよね。

さて、どうしたらいいのか・・・アクトが取った行動は突然のお姫様だっこ(笑)
でも何か違う・・・(そうだ、デートだ!)ということで、なりちゃんに「これからお前が行く所に連れていけ」
それってデートなのかな・・・。「○○に行こう!」とか「お前が行きたいところに行こう!」とか。

190・・・たぶん渋○109ですかね。
まぁ女の子が行くには妥当なところですが、映画館やスイーツのお店などをスルーして、なりちゃんが入っていったのはジム!!
「大人に混ざっても負けん声を作るには体力が必要だからな」
す・・・凄い、中2でジム?てか大丈夫・・・?まぁよく行っているのでインストラクターさんも顔なじみなのでその辺は配慮してくれてるんだろうけど・・・。それでもあれか、スポーツやってる子だったらやってたりするかな。

ジムの後はダンス、そしてボクシング、いきなり脱ぎ出したかと思えばプール。下に着てたようですが、暑くない?確かに私の高校とかでもプールが1時間目とか2時間目ぐらいだったら着てきてた子はいました。でもアフレコやって、ジムにボクシング・・・すごい汗かきそう。

全てが終わった後にはアクトはもう疲れ果てていました。

「遊びたくはないのか?」
街にはなりちゃんと同年代の子がいた・・・それは普通のこと。なのに四六時中声優に費やせるなんて。

「他の女のコ達が、おしゃれや友達と集まる事に夢中なように、わたしにとっては、たまたま声優が夢中になれる事なだけだ」
結局、人それぞれなんですよね。何をして過ごすのか・・・。遊ぶ!もあるだろうし、なりちゃんのように仕事ってのもあるでしょう。お金を使うのだってそう、服などのファッションにお金を使う人、漫画とか本にお金を使う人、謎解きにお金を使う人・・・(笑)

それでも疲れたのでしょうか、眠ってしまったなりちゃんはアクトの方へ・・・。
スポンサーサイト
天使とアクト!!トラックバック(0) | コメント(0) | top↑| 管理者用記事編集
<<ACT.37:名前付きと総世 | ホーム | 2連勝!!>>















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://heijiconan4869.blog96.fc2.com/tb.php/3472-6c25b873
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
名探偵コナン情報

平葉陽蘭

Author:平葉陽蘭

ブログランキングに参加しています。これを押してもらえると嬉しいです♪
blogram投票ボタン
こちらもクリックしてくださると嬉しいです。

Booklog
ここで私の持ってる本などを載せてます。

今までに来てくださった人
現在お越しの人
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
Twitterやってます。