fc2ブログ
FILE932 死霊の葬列 
「オレは服部平次・・・関西やったらちょっとは名の通った・・・西野高校生探偵や・・・」
何か久しぶりに聞いたような。

「西って事は東もいるの?」と倍賞さん。
その通りだけど、今まで聞いてきた人いなかったんじゃない?「西がいるなら・・・」当たり前かもしれませんが、こんな時に意外と冷静?この人犯人だったりして。でも、犯人だったら犯人で冷静でいられないか・・・。

原脇さんの携帯に残ってた動画をモニターに繋げて観てみることに。

「くそっ!もう息はねえぞ・・・」
(え?)
「今の・・・コナン君の声?何か新一みたいだったけど・・・」
「あ、いや・・・(やべっ!!)」
監督のモニターに繋げて観ようと言い出したのはコナン。ここまで考えてなかったのかと思いましたが、そうではなくておそらく新一の声になってたという意識がなかったのでしょう。

「オレの真似やねん!・・・」
と平次が上手い具合のフォローしてくれて、コナンは助かったわけですが・・・
「工藤・・・これは貸しやからな・・・」
ニンマリと言う平次(笑)まだ例の音声データの件、根に持っていたようです。

あの動画を見るに、自殺っぽいですが何の為に撮ったのか。
そして、携帯のメモには遺書みたいな気色悪い文章が入っていたそうです。

それは内東丞治さんへ宛てられたもの。
最後の方に「そうなった暁には今回の映画『漆黒の葬列』の如くこの館の生ける者共を我々の世界に誘おうぞ」
『死霊の葬列』は今回の映画のタイトル。原脇さんのズボンのポケットに入ってた封筒の中の紙に書いてあったとのこと。

にしても葬列って葬式の行列のことでしょ?それに死霊って・・・。葬式の場に死霊がわんさか集まるってこと?

原脇さんはタイトル決めにはかなりこだわっているようで前に、二宮さんがうっかり開けてしまった時にはわざわざ変えたぐらい。それってタイトルにこだわってるよりは「発表前に誰かに知られたくない」ってことにこだわってるんですよね。だって、本当にタイトルにこだわってるんなら考えに考えて決めたタイトルをそう簡単に変えたりしないでしょ?

内東丞治さんとは誰なのか。
監督を覗くメンバーが大学時代入ってたホラー研究会の部長。そして、監督の弟。

死に方ががとても奇妙だった。
8年前、ここで学祭用のホラー映画を撮っていたら・・・突然部長がミステリーを撮りたいと言い出し、「出来ないと思うなら今から俺がこの部屋から消えてやるよ」と。
10分立って部屋に入ってみると本当に消えていたのです。ちゃんと外から窓を見張る人、ドアの前に立つ人・・・で逃げることは出来ないはず。ありとあらゆるところを探し、洋服ダンスは隠し通路がないか確認するのに動かすことまでしたのに見つかりませんでした。

本当に部屋の中にいなかったんだとしたら、こういうのでよくあるけど、ドアが開いた時のドアと壁の隙間に隠れておいて、みんなが入った時に出て行くとか?それでも誰かが振り返ったりするリスクはあるけど・・・。あ、でもこういう系の話で協力者って結構いたりするから(前の赤女の事件の時とか)振り返らないよう、奥に注目を行くようにするとかで何とかなりそうかな?あの感じだと家具とかには隠れてなさそうだし。いたけど、嘘ついていないって言ってる可能性もあるのか。でもいなさそうな描かれ方だったし。人が開けてる時の絵じゃないから100%じゃないか・・・。

窓の外組がこっちに回ってる間に窓から出たかもしれないと森を探しても見つからず。
?外に回ってる間に・・・ってドア前組が入ってからのことでしょう?こっちに向かい出した時に窓から出たなら鉢合わせしてるよね・・・ドア前組と。

ビールが飲みたくなり、部長を放って原脇さんの車で街に。
え、放ったらかし?まぁ部長が言い出したわけだけど・・・。そうしたら理亜さんが3日間風邪で寝込んで4日目の朝に別荘に戻ったら体育座りで餓死した部長が。

その間、誰も行けなかったのかな・・・?みんなで看病しないといけないほどじゃないでしょ?風邪なんだし。それに3日間も連絡取れなかったらもっと早くに警察に連絡しない?

理亜さんの家に集まったのはレアなホラー映画のDVDがあるから・・・ということもあったようです。
原脇さんだけが車の運転出来るのですが、3日間お酒飲み過ぎてとても運転出来る状況にはなかったとのこと。

「ちょー待て!運転できるの原脇さんだけなんか?」
と言うのも・・・平次たちが乗ってきたバイク、ガソリンがほとんど残っていないんだそうです。
携帯も圏外で警察も呼びに行けず・・・。小五郎さんの回復待ち(笑)

あの時の映画は結局完成せず、データもどこかに行ってしまったそうですが
「映像データのありかがわかれば原脇君の自殺の謎もわかっちゃうかも・・・」と恭子さん。
もう、原脇さんは自殺で決まりでいいんですかね?決めつけた言い方なのも気になります。ただ、あの動画を見るにはそう考えるのが自然・・・。

トイレに行く蘭ちゃんと和葉ちゃんの後ろに怪しい?人影・・・と思ったら小五郎さん。
「い、いるんだよ家の周りにゾンビが・・・」
「熱にうなされてしょーもないもん見たんとちゃう?」

でも実は・・・ゾンビが迫ってきているのです。
さすがにこれをトリックってのは無理でしょうから生身の人間。犯人の仲間?ですかね。
で、あの感じからして恭子さん次の被害者?

原脇さん自殺、次以降殺人?
スポンサーサイト



サンデー感想トラックバック(0) | コメント(0) | top↑| 管理者用記事編集
<<並んでみた。 | ホーム | ACT.35:Mアカとアクトの弱点>>















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://heijiconan4869.blog96.fc2.com/tb.php/3467-875f7c49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
名探偵コナン情報

平葉陽蘭

Author:平葉陽蘭

ブログランキングに参加しています。これを押してもらえると嬉しいです♪
blogram投票ボタン
こちらもクリックしてくださると嬉しいです。

Booklog
ここで私の持ってる本などを載せてます。

今までに来てくださった人
現在お越しの人
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
Twitterやってます。