ACT.32:ドル箱! 
アクトたちは見事アニメへの出演権を勝ち取ったのでした!

主演は声優界の大スター、総世鳳也。

そしてみんなの役ですが・・・
アクト:クラスで一番オバカな女子高生A
嵐士くん:教師
翔ちゃん:女子高生B
よしのちゃん:男子高生A

なぜかと言うかある意味ちゃんと考えてるんだろうけど、男のアクトが女子高生役で女のよしのちゃんが男子高生役。
嵐士くんには「デビュー作それで、このまま売れへんかったら一生の恥やでー!!」
でも将来的に売れたら・・・「その頃から才能を発揮していた」とか言われたりするのかな・・・(何か女性キャラ前提だなぁ・・・(笑))

アクトたちは他の声優や役者も練習に使っているというカラオケボックスへやってきました。みんなまぁまぁ出来そうだなぁ・・・ということになったのですが、アクトは「頭の悪さが全然出せていない・・・」と不満。

「オーバーやなー。お前が全国トップの秀才ならわかるけども」
この後のアクトの目線と言うか目が面白い(笑)嵐士くんってアクトがここまで出来ること知らなかったのか・・・。

「お前ら出来てんならさっさと帰れ!」とみんなを追い出してしまいます。

今回アクトたちが出るアニメは「リバーシブル・アイドル」
普段は落ちこぼれの男子高校生が学校の外では人気アイドルグループの中で女子として活躍するラブコメ作品とのこと。

男子高校生が学校の外では・・・っていうのは出雲も読んでたから出雲を想像してしまうけど、設定自体はアレを参考にしてたりする・・・のかな。

トイレから部屋へ戻ろうとすると女の子たちがちょっと騒いでいて・・・部屋へ入ると見知らぬ制服姿の“女の子”がいました。
「外のコ達のせいで部屋に戻れないのよ!お願いだからしばらくかくまって!」

この子もえらい部屋に入ったもんですね。まぁ入った部屋がさっきの女の子たちの部屋じゃなくて良かったわけですが。

「かまってるヒマなどない!失せろ!!」
追っ払おうとするアクトですが、
「かくまってくれたらその役をこなせるコツを教えてあげるよ」

ここは他の声優なども使うから同じような立場の人なのだと思ったアクトはとりあえず聞いてみることにしました。
その方法とは、「役の格好をして、生活してみればいいんだよ」
と聞いた瞬間、追い出そうとしたアクト(笑)

役の格好をして生活するってことは女子高生になるだけではなく、バカにならないといけないわけです。
てかこの方法、自分より上(無制限?)、もしくはちょっと下ぐらいまでじゃないと出来ない方法ですよね。

仮におじいちゃん・おばあちゃん役なら杖容易してカツラかぶって・・・それでも皺が厳しいかな?それでもまぁ出来なくはない。でも赤ちゃんとかだったらね・・・家でならやろうと思えば出来るか。動物、妖怪等の人間じゃないような役だと厳しいよなぁ・・・。家だったらそういうDVDとか見て練習は出来るか。だから生活という意味ではこの方法を取れるのは結構限られそうですね。

「役作りの段階なら荒療治だけど、やるしかないって!」
「出任せで無意味な事を吹き込むな!!」
もう、激怒りです(笑)

「意味なくはないよ。だって、オレもやってるし」

何と・・・アクトたちが出演するアニメの主演、総世鳳也だったのです。
スポンサーサイト
天使とアクト!!トラックバック(0) | コメント(0) | top↑| 管理者用記事編集
<<FILE929 ホースを回す犯人!? | ホーム | 第一五一首>>















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://heijiconan4869.blog96.fc2.com/tb.php/3445-2697158c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
名探偵コナン情報

平葉陽蘭

Author:平葉陽蘭

ブログランキングに参加しています。これを押してもらえると嬉しいです♪
blogram投票ボタン
こちらもクリックしてくださると嬉しいです。

Booklog
ここで私の持ってる本などを載せてます。

今までに来てくださった人
現在お越しの人
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
Twitterやってます。