FILE924 新一BOY(後編) 
「絶対おかしいよアイツ!!」
・あの子の布団の場所だけ決めてる
・お散歩の時、あの子の手だけずっと握ってる
・公園の滑り台も順番待ってた奴をとばしてあの子に滑らせてた!わざわざ大声で名前まで呼んで。

「きっと子分にして何か悪いコト企んでんだよ!!」
子分か・・・子分って言えば平次しか思い浮かばない(笑)

「あの子って誰?」
そりゃ、ごもっともな質問。
「ら、蘭って・・・女の子だよ」
「新ちゃん・・・その先生が蘭ちゃんばっかりかわいがってるからヤキモチ焼いてるんじゃないのー?」
「バッカじゃねーの!?そんなんじゃねぇよ!!全然違うっつーの!!」
か・・・可愛い照れてるところが。幼稚園時を結構本気でからかう有希子さんも好き。と言うか、おそらく当時24歳の有希子さん・・・私と同い年なんですよね、想像出来ない(笑)あれ、そう言えば優作さんって何歳?有希子さん、小五郎さん、英理さんは同級生だけど、優作さんは違うでしょ?ちょっと上のイメージがあるけど。

理由・・・
布団の場所:トイレから離れた場所で寝てて間に合わなかったことがあったから
お散歩:すごい方向音痴で列からはぐれてとんでもない所に行ったことがあるから
滑り台:順番を譲っちゃう子だから、先に滑らせた

一見ちゃんとした理由はあるようですが、蘭ちゃんを見る目が悪い奴の目だったらしいです。

優作さんは新一に1つ質問。
「もしかして蘭ちゃんは一番お寝坊さんだったりするか?」
いつも一番最後まで寝てるそうです。

「フム・・・」
あれだけの話で何か思い当たるところがある優作さん。
と言うよりは、担任の名前にちょっと聞き覚えがあるみたい。それは北海道のファンの子に「江舟」って子がいるから。さすがにみんなじゃないとしても顔と名前が一致する子がいるなんて凄いなぁ・・・。その頭を私にもちょっと分けて欲しい(笑)謎解きで1度お会いして、また別の謎解きでお会いした時に会ったことを覚えてなかったりどこかで会ったことがある・・・としか覚えてなかったり。

翌日
散歩する新一たちの後ろを怪しい男性がつけています。さらにまた別の黒い人が車からカメラでパシャパシャ。

入院中の奥さんにあの黒い人がカメラを手渡し。

2日後
江舟先生は焦っています。他の先生たちが外に怪しい車がずっと停まっているという話をしているのを聞いて「様子を見てくる」と。

車の中の人物へ「やっぱり止めようこんな事!!」
でも乗っていたのはまさかの優作さん。
後をつけてたのは優作さんだったのか・・・。

この車は江舟先生の奥さんの弟の車だそうです。
その弟さんは保育園のトイレの窓から侵入しようとしてたところで捕まりました。友人の刑事って目暮警部ですね。協力を仰ぐこともあるけど、こうやって呼ばれることもあるのか(笑)大変だけど、優作さんが言うなら間違いないってことでしょう。

「建造物侵入罪及び、幼女誘拐未遂の疑いでね」
えー!!そんな大事だったの?

狙いは蘭ちゃん。実行犯は奥さんの弟さん。
散歩の件はどの子を攫うか認識させる為
滑り台の件は奥さんに本当にこの子でいいか確認させる為
布団の件はトイレの窓から侵入した時の最短距離

布団の場所もあそこにする為、普段から睡眠薬を飲ませていたのではないか、と言う優作さん。
幼稚園時に睡眠薬かよ・・・どんな理由があるか知らないけど・・・

あれらは誘拐する為でもあるけれど、ひいきしてると見せて他の子たちからイジメられやすいようにする為でもある。連絡帳にも誰かをイジメてると書けば親からも理不尽に怒られる。頼れるのはもう担任しかいない・・・誘拐した後も仲良く暮らせるように手なずけていた。

新一の考えもあながち間違ってなかったってわけですね。

新一は蘭ちゃんを守る為、トイレの前で仁王立ち。
ちょ・・・ちょっと・・・さっきまで照れてた顔可愛いとか言ってたのに、急にカッコ良くなってる(笑)

奥さんが重度のノイローゼになったことが始まり。原因は娘さんの家出。
それで、娘さんが一番かわいかった保育園児の頃から育てなおそうと・・・。

そう推理するのはいいとしても、理解に苦しむなぁ・・・。娘の家出がショックで自殺しようとしたり拒食症になったり・・・というのはまだわかります。でも、そこまで追い詰められてたってことなのかなぁ。

奥さんは娘さんと一緒に出頭しているとのこと。
江舟先生、これにも驚き。そりゃ、家出したはずの娘が奥さんの出頭に付き合う・・・それ以前になぜ優作さんが知ってるんだ?ってね。

ここで傘の謎が判明。
北海道在住なのに雪に降られて傘を差していた。北海道の人は雪だとほぼ差さないのに。とすると生まれ育ったのは北海道以外・・・。そうなんだ・・・雪なんて慣れっこでいちいち差してたら面倒ってことでしょうか。

「さぁ娘さんに会いたければあなたも自首を・・・」
ちょっと離れたところから目暮警部と小五郎さんが見てるんですが、小五郎さん激怒り(笑)

翌日、江舟先生は都合により辞められたと発表。
まぁ子供には本当のこと言えるわけないしね・・・特に蘭ちゃんは。子供はそれでいいかもしれないけど、保護者の方はそうはいかないだろうから、保護者説明会みたいなのはやったのかな・・・。

「泣きたい時は泣いていいと思うぞ・・・もう泣き虫だなんて・・・言わないからさ・・・」
新一の肩で泣く蘭ちゃん、そしてそれを見つめられずよそを向いて照れる新一。
ほんま可愛すぎる・・・。

さて、現在。

「じゃあその頃から蘭君に一目惚れしてたんじゃ?」
「あやつの初恋は絶対女優だったママに決まってるって」
「だよねー♡」

「蘭は知らねぇだろーな・・・最初に出会った・・・あの日から・・・オメーのその笑顔に・・・ゾッコンだったって事を・・・」
ふぉ・・・で、13年か。

私でも可愛いを連呼したこの話、本気で平次・和葉ちゃんVer.が読みたい・・・。
スポンサーサイト
サンデー感想トラックバック(0) | コメント(0) | top↑| 管理者用記事編集
<<ACT.27:演劇とアクト!! | ホーム | やっと>>















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://heijiconan4869.blog96.fc2.com/tb.php/3402-3f2f3c7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
名探偵コナン情報

平葉陽蘭

Author:平葉陽蘭

ブログランキングに参加しています。これを押してもらえると嬉しいです♪
blogram投票ボタン
こちらもクリックしてくださると嬉しいです。

Booklog
ここで私の持ってる本などを載せてます。

今までに来てくださった人
現在お越しの人
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
Twitterやってます。