fc2ブログ
FILE908 命を賭して・・・ 
ダメだなぁ・・・ほんと(笑)
阪場さん:床に散らばったお金は持っていく
幅中さん:首を吊った駒井さんの足元のシナリオ原稿を持っていく
柴苅さん:何も持っていっていない

3人とも部屋に来たら、すでに駒井さんは首を吊っていた、殺していない、と。
みんな2時過ぎに来て、鉢合わせしていないという奇跡。

これで考えられるのは最初に来た人間が嘘をついている(つまり犯人)ということ。
みんな来た時間の記憶があいまいで、誰が最初に来たのかわかりません。

「口裏を合わせたんじゃない?3人知り合いみたいだし・・・」とコナン。

・柴苅さんがライターをつけた時、風が吹いていたのに火が揺らがずに出た(幅中さんが風避けに)
・阪場さんがそのライターを借りた時、ライターの火力を絞っていた(なぜ火をつける前にわかったのか)
などなど。

全然気にしてなかったです(笑)まぁ幅中さんの睨みで阪場さんが吸ってた煙草の火をすぐに消したのは若干気にはなりましたけど。言われてみると「あぁ」ってなるんですけどね。

「1番最初に来た人が殺して首を吊らせたのに嘘ついてるって事になっちゃうもの!」
3人が部屋に来た時間がはっきりしていたら(もしくは順番)、「自分が来た時には駒井さんは首を吊っていた」というのが成り立たなくなってしまいます。でも、あいまいにしたところで殺人なら誰かが嘘をついているってことは間違いないわけですが。

柴苅さんは駒井さんの携帯を盗っていってたのです。おそらく、メールで時間等を指定されたから。着メロになかなか気付かなかったのもそのせいだと。

でもそんなのどーでもいいけどね

目暮警部の点目が可愛い(笑)

高木刑事が買い物から戻ってきました。
ほんと色々使われるよなぁ・・・高木刑事、お疲れ様です。

ノート、テープ、2万円を両替した1000円札20枚(これか、前回ラストで言ってた2万円って)

探偵団たち工作開始。お札を丸めてテープで留めています。
うん、何となく読めてきた。けど・・・ということはアレってことですよね。

丸めて筒状にしてテープで留めた1000円札20枚を並べて、その上にノートを乗せます。その上に・・・コナンが立ちました!!筒1個でだいたい1キロの重さを支えられるんだそうです。ってことはコナンの体重が20キロってことになっちゃいますが、キリよく、もしくはちょっと余裕を持ってということですかね(図書館殺人事件の時に確かコナンの体重は18キロって言ってたような)

筒1個で1キロってのはどれぐらいのサイズまでなんですかね。後、サイズ大きくなったらもうちょっと支えられる重量が変わってきたりするのでしょうか。逆にこれより小さかったら支えられる重量も減る・・・のかな。それはともかく、何か信じられないですよね・・・「こんなので支えられるの?」って感じ。でも、ちょうどサンデー掲載頃だったかに何かのTV番組で似たようなことをやってたんです。それを見たら「本当なんだなぁ・・・」と。

駒井さんの体重は約47キロ(そうなのね)あの50万のお札をさっきのように並べて、あの原稿を乗せれば・・・駒井さんの体重を支えることができます。

その状態で駒井さんが首を吊った後、3人が来て・・・

阪場さんは筒状お札を持って帰り、原稿を幅中さんが持って帰れば踏み台がなくなります。そして柴苅さんに携帯を持っていかせば・・・3人に殺人の疑いがかかるという寸法。阪場さんと幅中さんはともかく、柴苅さんが携帯持って帰るってのは予想出来ても絶対じゃないんじゃないですかね。そこまで頭回らなけば・・・。

証拠は阪場さんのサンダルの裏。筒状お札のテープが貼りついていました。それをはがしていたからATMに戻るまで時間がかっていた。

これ、筒状にするのも面倒だけど、はがす方が面倒ですよね。数が多くて面倒なだけで、お札を筒状にしてテープを貼るという行為自体はそんなに難しいものではないですから。でもはがすとなると、下手したら破れかねないし、表面めくれるかもしれないし。

ちなみにこの推理は新一に相談して返ってきたメールという設定(笑)今回は探偵役がいなかったですからね。誘導するって手もありますけど。

実は駒場さんの真の狙いは他にありました。

3人が部屋から出ると、取材のカメラが殺到!!

何と、駒井さんのあの原稿の中に・・・「昔、自分はこの3人と組んで荒らしまわってた窃盗団の一員だった!」という告白文が入っていたのです。ってか・・・幅中さん、原稿のチェックはしないわけ?確か、手書きだからADにパソコン入力させてから読んでるとは言ってましたが、だとしてもサラッと見たりしないの?

銀行から下ろして消えた(阪場さんが持ってった?)50万円はクッションから見つかりました。この50万は昔盗んだ50万。あったのに下ろしたのは盗まれたと気付かせる為。阪場さんにお金を返す約束をしていたなら、あのトリックを使って首を吊った後に阪場さんがやってきたら持って帰るだろう・・・という予想。

守くんを目撃者にしたのは柴苅さんたちに脅されていたから。
それはわかるけど、それならどうしてそもそも守くんと仲良くしてたんでしょうか。
「自らの死で罪を償ったつもりだったんだろうけど・・・」というコナンのセリフがあるので、自分のせいでこの子の両親を・・・っていう責任的なものでしょうか。

「そーいえばみんな口をそろえて言ってたわ・・・奴には片方が無いって・・・ラムよ・・・何かの事故で目を負傷して・・・左右どちらかの眼球が・・・義眼らしいわよ・・・」
これで

敢助さん=ラム説

が出たんですよね(笑)私もちょっと思いました。でも、青山先生が一応否定されてるみたいです。
それに敢助さんは義眼つけてないでしょ?つけはずし可能なのであればあり得なくもないけど・・・ストレートすぎて違うと思います。
スポンサーサイト



サンデー感想トラックバック(0) | コメント(0) | top↑| 管理者用記事編集
<<第1900回 「あなたのカラダ、堅い?柔らかい?」 | ホーム | 第41局 未知の嵌め技>>















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://heijiconan4869.blog96.fc2.com/tb.php/3129-6582b134
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
名探偵コナン情報

平葉陽蘭

Author:平葉陽蘭

ブログランキングに参加しています。これを押してもらえると嬉しいです♪
blogram投票ボタン
こちらもクリックしてくださると嬉しいです。

Booklog
ここで私の持ってる本などを載せてます。

今までに来てくださった人
現在お越しの人
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
Twitterやってます。